わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷川さんは誠実だからこそ辞任しなければならなかったのかな
日本将棋連盟の会長の谷川さんが辞任した。三浦九段のおそらく「濡れ衣」である疑惑をめぐる対応に対する責任を取った形である。谷川さんは本当に誠実な将棋指しだ。それだからこその対応だと僕は思う。
谷川さんでなかったら、結果ありきの「第三者調査」になったのではないか。とも思う。
僕は谷川さんの行動を理解できる気がする。今後とも将棋指しとして、人間として尊敬していくことに変わりはないことをお伝えしたい。
安倍さんは結局何がしたいのか
なんとなくわかってきた。
戦後70年談話と米国連邦議会上下両院合同会議での演説がやはりカギだろう。
あと、日米同盟の双務性への執念だ。

真珠湾訪問はその流れからするとはっきりその真意がわかる。
日本はアングロサクソンの指導を外れて先の戦争で大きな誤りを犯した。これを繰り返すまい。との立場を表明するのに、真珠湾ほど適切な舞台があるだろうか。
そして今後米国と肩を並べて、世界平和のために、自由主義陣営の盟主・世界の警察としてふるまうことを深く栄誉に感じる感性を彼は持っているのであろう。

僕はこういう日本であることを欲していない。
すべての主権国家が同等に国際社会に責任を負う世界を作ることにこそ役割を果たす日本であってほしい。
安倍首相の「栄誉」の感性には全く共感できそうもない。
むしろ黄昏つつある米国の覇権にしがみつく日本の将来への危機をこそ強く感じざるをえない。

マスコミはまた本質を覆い隠す報道に終始するだろう。
蓮舫さんの意味する「綱領」
安保法制と集団的自衛権を認めた閣議決定は違憲なので、国政選挙でこれをただす側が政権を握らないといけない。だから、現実的には野党共闘が重要で、これなしに過半数を取れる政党があるとは考えにくい。だから、一定の政策で一致を、野党共闘にベースを置いた連立政権が必要だ。そのうえで初めて閣議決定を覆すことができる。日本政治の多くの分野での転換が初めて可能となる。

だけど、蓮舫さんは、選挙協力は継続していく。だが、「綱領の違うところと連立(政権)を目指すことはない」と述べている。とのこと。「ああやっぱり民進党はダメ」。という護憲派の声が聞こえてくるので、ここはちょっと蓮舫さんの言葉の意味を解説しておかないといけないような気がする。まぁ蓮舫さんも言い方が変なのだけれど。

まず、「綱領が違うところと連立を目指すことはない」とすると、民進党単独政権しか目指していないことになる。というのは、綱領というのは対外政党の基本文書なので、これが同じ別の政党があるという事態は考えられない。だから、蓮舫さんの言葉の字義通りの意味は、一切の連立政権を拒否する。というもの。だけれどこれは不合理。当面する政策で多く一致するのにどうしてみすみす政権を手放すの?

だから、おそらく蓮舫さんが言いたいことはこういうこと。「基本政策が違うところと連立を目指すことはない。」
おなじことだ。と思うかもしれないけど違う。政策はとても具体的なもの。当面する政策で一致できれば、綱領が違っても当然連立政権を目指す可能性がある。ということが言いたいのに違いない。いや、蓮舫さんは一般的に一切の連立政権を否定しているのです。だってそういっているじゃないですか。とおっしゃるかもしれないけれど、ちょっと不自然。というのは、連立政権一般を否定するための論建は、綱領が違うかどうか。という不合理な精神論ではなくて、連立の技術論にあるはず。
であるならば、基本政策の一致を見ればよいのだと僕は解釈している。

もう一つの点。閣外協力の可能性。共産党は閣外協力の可能性をすでに大胆にも明示している。だから、「連立をしていない」けれども首班指名では協力をする可能性がある。僕はこれなら許す。もちろん首班指名時の約束は守ってもらわないといけないが。

野党共闘を進めたい人は、「基本政策」なんてことを言わないで大同団結すればよいではないか。なんていうかもしれない。でも、やっぱり政権を目指すのであればその政権が掲げる基本政策では一致するべきだ。

野党共闘を進めたい人が、基本政策の一致を煙たがり、「大同団結」なんていう言い方をしてくるのは、民進党と結局のところ共産党とは基本政策で一致することなんてありえない。と固定観念をもっているから。そんなことはない。

もちろん、共産党ももう一歩踏み込む必要はあるけれど、自衛隊の当面堅持と活用の方針は明確。あとは、当面する日本の安全保障の枠組み中に、具体的な専守防衛の自衛隊政策を位置づけることが大切なのである。ここに踏み込めば、十分具体的政策において民進党と同じとなって「基本政策が同じところと連立を目指すこと」が可能となる。というか、民進党にも抜本的な自衛隊政策がない。そこがむしろ問題。共産党に作ってもらうほうが近いと僕は思っている。そういう未来を僕は展望して現実世界で動こうとしている。
五十嵐先生の「自衛隊を活かす」論
五十嵐仁先生も、自衛隊を活かす方向での護憲派の政策的発展が必要だという認識に立たれたようです。僕もそう思います。このことについては歓迎すべきことと思います。

改憲には賛成でも9条改憲には反対だという立場や9条改憲に賛成でもそれは自衛隊の「国防軍」化や「外征軍」化を阻止するための改憲だという意見もあるからです。
このような人々も味方にして「壊憲」阻止勢力を拡大するには、この問題についての回答を示さなければなりません。そのためには、自衛隊の役割と位置づけを明確にする必要があります。


まったく同感ですが、自衛隊の任務を「戦闘部隊」と「災害救助隊」に対立してとらえつつ、後者の役割の増大を第一の課題に挙げておられることについては、やはり失望の念を持ちます。

そのためには、第1に、自衛隊が持っている「戦闘部隊」としての性格と「災害救助隊」としての性格という二面性のうち、前者の役割を最小にして後者の役割を最大化することが必要です。<略>
阪神・淡路大震災以降、自衛隊は災害救助面で大きな役割を果たし、東北大震災や熊本地震での活動などもあって副次的任務への期待と評価が増しています。自衛隊に入隊する若者の志願動機の多くは「人の役に立ちたい」というもので、それはとりもなおさず被災者を救うことを意味しています。
このような自衛隊の活動の実際、国民の期待、隊員の希望というあらゆる面から言って、災害救助隊としての役割の増大と活用を図ることが合理的です。そして、将来は改組・再編して主たる任務と副次的任務を逆転させ、「自衛」の対象を軍事的脅威から自然災害へと移行しなければなりません。


自衛隊への国民の支持や若者の志望動機を、基本的に災害救助隊としての役割を持っていることへの評価に求める認識があるようですが、それはものすごく甘いと思います。自衛隊が増大する東アジア地域の軍事的脅威に対する備えとしての意味を認めている世論がむしろ優勢でしょう。ここから目をそらしてはいけません。
それ以降の議論には重要な提起が含まれているように思うだけに、なぜこのような雑な議論をされるのか、残念でなりません。

まさに軍事的な意味合いとして、自衛隊の装備はどのようにあるべきかを、まずは正面から議論しなければなりません。「自衛隊を活かす会」の本旨はそこにあると思います。その際の「最低限」の軍備が、「災害救助」を本旨とするような自衛隊組織で担えるとアプリオリに思い込める感覚が、すでに多くの国民からかい離していることを危惧します。五十嵐先生にはここにしっかり踏み込む議論をしていただきたい。まだ中途半端だと思います。今の議論では、国民の大方を味方につけることはできません。
映画「真実の瞬間(Guilty by suspicion)」を観る
よしりんは「民主主義」を唱えるのは(唱えるだけなのはばかげているのはわかるけど、積極性を認めるのも)、欧米かぶれだと言いたげなところがある。民主主義のあり方や獲得の過程は各民族のものであると僕は思う。近年アメリカもイラクの事態など力づくで「民主主義の価値」を押し付けようとした側面は大きいと思う。冷戦中も「自由と民主主義の価値」を隠れ蓑にして代理戦争を行ってきた。
けれども、民主主義を欧米の価値だと断じるのもどうかと思う。例えばこの映画「真実の瞬間」に描かれている非米活動委員会によるハリウッドの「赤狩り」の過程を見る。米国ハリウッドも50年代以降は「民主主義の価値」など踏みにじってまったく恥じない国家であったことが鮮明に描かれている。
主人公のデイビッド・メリルが(またその親友のバニー・バクスターが)召喚された公開の喚問において非米活動委員会に抵抗した際の発言は、おそらく典型的な「欧米的価値」なのではないか。問題は民主主義が欧米の価値であるからなのではなく、民主主義の価値を欧米が実にご都合主義的にのみ弄ぶ場合があることにこそあるのではないか。

このシチュエーションにおいて発せられたディビッド・メリルの毅然とした発言には、僕は全面的に共感する。人の心の通った、等身大で人の歴史にしっかり根差した価値を僕はそこに見る。
「民主主義」という叡知と伝統(これは「真理」ではないのだ)は、ほかの諸伝統と同様、毅然と守り続けていきたい。


プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。