わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安保法制の強行採決を新たな出発点とする
安倍内閣与党は委員会で安保法制を強行採決した。彼らによるこの行為は、国を壊す重大な決意を表明したものである。

法治国家としての根幹である立憲主義を破壊し、国家の防衛にあたるべき自衛隊を、米国への「公約」のままに中東を含む紛争地域における軍事活動に投入する。武力に訴えない国として、また米国の暴虐にも負けずに復興を遂げた国としてつみあげてきた貴重な国際的信頼を決定的に裏切り、自衛隊を米国の先兵としてテロとの戦争の最前線に追いやって日本の安全保障環境を著しく悪化させる。この行為はまさに国壊しそのものである。

なぜ国を壊そうとするのか。中国と北朝鮮が怖いからである。しかし、国を壊してでも安保法制に固執するに足る脅威がどこにあるというのか。国壊しをして尖閣を守る? 中国が尖閣の現状変更をおこなえば、先制攻撃の責めは中国に負わせることができる。国壊しをしてノドンを打ち落とす? ミサイル防衛の技術的困難性を少しはわかっているのだろうか? そしていったん日本国土にミサイルを撃ち込もうものなら、北朝鮮にはもはや一切の義はなくなる。何を恐れることがあろう。

安保法制派は、日本国民の平和と安全、自由な暮らし、国民の幸福追求の権利を守るためだとしきりに言いつのる。だがそのために日本の国を壊すことまで国民は望んでなどいない。前途有為な若者たちを殺し殺される米国のための「対テロ戦争」の前線に差し出すことによって「安寧な生活」にうつつを抜かすような国民に、僕らは絶対になりたくない。

今日安倍内閣与党は、国壊しの重大な決意に踏み込んだ。国を守る重大な決意を持って、我々日本国民はその存在の意味をかけて、戦いぬくだろう。日本の本当の安全保障のために、安保法制は粉砕する必要があるのだ。

国会前では若者たちによる空前の抗議の声が上がっていると報道されている。そしてさらに数を増していると。
僕たちはこの行動の味方である。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/882-58a165c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。