わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辺野古新基地建設の安全保障上の必要性を正面から説明すべきだ
辺野古移転は沖縄の世論によって明確に拒否されている。それでもなお辺野古への移設を押し付けるにはそれ相応の理由があるはずであろう。ところが政府は、その理由を道理を尽くして説明する努力を怠っている。全く理解しがたい。

普天間を持ち出すが、沖縄は新基地の押しつけを拒否している。従来と異なる対応を明確に要求しているのだ。名護でも、沖縄県知事選挙でも、沖縄のすべての小選挙区でも、沖縄県民の意思は明確だった。ボールは日本政府の側にある。この沖縄県民の一致した要求を聞き入れることができない理由を説明する必要がある。はっきりしておきたいのだが、「普天間返還+辺野古阻止」が沖縄の現在の世論の選挙で明示された結論。それに対して、「普天間返還・辺野古移設」は少なくとも次善である。沖縄県民が主権者としての要求を述べることは当然のことだ。

日本の安全保障上とんでもない主張だ。と考える向きもあるだろう。よかろう。だが、そう主張するのなら、沖縄県民の要求を拒絶するに足る理由があることを丁寧に立証、説明するべきだ。それはそれでいくつかの論建てがあることは承知している。だが、その論建てて十分かどうか。沖縄県民の意思を拒絶するに足る理由があるか。厳しく吟味する必要があるのは当然だ。

とりわけ驚くべきことは、日本の公を担う日本政府が、県民の当然の要求を拒絶する理由を説明することをまったく怠っている。会談もしようとしない。「粛々と進める」「普天間の移設という「次善」で我慢せよ」とのみ繰り返し、本質を語ろうとしていない。主権在民の原則の立場から見て、この点はまず許しがたい。米国には足しげく出かけ、メッセージを出していることが報道される。いったい誰の政府なのか。

なぜそこまでして沖縄の要求を黙殺するのか。そのメリットを本音で沖縄県民と日本国民に正面から説明をするべきだ。沖縄県民と日本国民を説得する言葉をまず求めたい。日本の防衛に必要であるからなのか? それとも、沖縄の防衛に必要であるからなのか? あるいは、米国の要求を呑むことでしか日本の存立は守れないと考えているのか。それはどのような根拠に基づく判断なのか。反論に耐えうるのか。

「知事はどうせ理解しないからムダ」というのか。そうであっても、県民と国民を説得する言葉を発することは国の行政を預かるものとして当然の義務ではないのか。そうして知事を包囲すればよいだけのことだ。

平成26年の2回の所信表明演説では、主として普天間基地の負担軽減を主張した。しかしこれは次善、あるいは負担軽減にならない、あるいは屈辱だととらえ、基地移設そのものを拒否する最善の施策を県民は要求しているのだ。だとすれば、その県民の要求を黙殺する理由を明示するべきだ。

最近の首相の説明も普天間基地の負担軽減に終始している。一方で、実際には政府の本音にあるであろうと思われる日本の安全保障や日米同盟をめぐるいかんともしがたい「必要性」については、ほのめかすのみで明確に説明しようとしていない。主権者である我々が、現在の政府の姿勢を、わざわざいろいろ忖度して理解してあげる必要などまったくない。はっきり説明するよう要求すればよい。

日本の安全保障からの道理のある説明がないまま、現在の日本政府の行動が続くのであれば、僕はこの日本政府の行動を沖縄県民と連帯して拒否する。


-----
4月4日に菅官房長官との会談がセットされそうだという。歓迎する。なぜこうまでして沖縄県民の要求を拒絶するのかをしっかり説明してほしい。
これが両者の妥協のしるしだと期待する向きもあるようだけれど、そうはならないだろうと思う。そうする必要が全く沖縄県側にないからだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/861-c6134493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。