わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安保法制ストップへ包囲の輪が広がっている
安保法制の議論はアメリカの戦争に自衛隊・日本の有為な若者たちとその未来を投げ込むことに本質がある。日本防衛とは関係がない。だから、自衛隊の存在への賛否を超えて力を合わせて安倍首相の暴走に対して戦いを挑んでいかなければならない。
よしりんが引き続きこの問題で本質的な論陣を張っていることは心強い。
小林よしのりライジング「安保法制:日本は『戦争できる普通の国』になるのか」

問題は、今回の安保法制が、どんな意味を持つのかを、国民が全然わかっていないということだ。平和ボケの国民が、「まさか日本が戦争はしないだろう」と高をくくっている間に、今度こそ自衛隊員に死者が出て、日本が戦争に巻き込まれる危機が迫っているのだ。
政権によって現在行われている法整備は、自衛隊がアメリカの戦争に協力するために、海外のどこまでも派遣できるようにするためのものである。



感想の中で、僕の危機感をそのまま表現してくれているものがあったので引用させていただく。

どんどん最悪の事態が差し迫っている。
アメリカが起こす戦争に、脅されながら味方していくなんて許してはいけない。
自衛隊の方々はどういった気持ちなのだろうか?
いえ、このままでいけばその内自衛隊員だけでは足りず、徴兵制が敷かれるだろう。
アメリカの侵略戦争に加担したくない!
アメリカの戦争は世界を更に混沌としたものにする。
世界中の平和がどんどん失われていく。日本がアメリカの犬になって、他国の誰かに悲しい思いをさせる、想像するだけでぞっとします。



一方で、自衛隊を活かす会の6月の企画の準備が進んでいます。

自衛隊を活かす会の関西企画が6月20日(土)、大阪市福島区民センター大ホールで開かれます。そのスタッフを募集します。
今回の企画、テーマは「新安保法制で日本はどうなるの?」です。自民党、公明党が新安保法制で合意したので、5月中旬には国会に提出される予定です。その分析と批判をやろうとするものです。
自衛隊を活かす会の呼びかけ人である3名(柳澤協二=代表、伊勢﨑賢治、加藤朗)はもちろん参加します。ゲストとしてお招きするのが、石田法子さん(現在、大阪弁護士会会長ですが、6月は前職になります)と渡邊隆さん(元陸将・東北方面総監)。
憲法と安全保障をめぐる問題で、従来からの平和運動と自衛官らが同じテーブルで議論する場の誕生です。



これらの流れをぐっと広げていきたい。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/860-f025cfe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。