わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府批判を控える傾向・・テロとの戦争だから?
人質解放のための交渉の局面であれば理解できる。
しかし、今に至ってもなお、政府批判を控えるべきだ。という風潮があるのだそうだ。テロ勢力を利するから。だそうだ。
これは訳が分からない。
今どうすれば最も適切にテロの拡大を防ぐことができるのかについて、政府批判を控える必要などまったくない。

さて一方で、イスラム国の残虐行為そのものを事実上添え物にし、安倍首相の言動そのものを指弾する傾向には、僕は与する気になれない。イスラム国による残虐行為や周辺国への圧迫に対しては、それを防ぐ立場で戦う必要がある。安倍首相の発言内容に問題はないとは言えないかもしれない。しかし、根源はあくまでもイスラム国という存在である。

今批判すべき点は「安倍首相のイスラム国に敵対するかのような発言」などではない。テロに対しては戦わなければならないのである。重要なことは、その戦い方だ。アフガンでアルカイダをタリバンがかこっているからと言っては圧倒的な軍事力でたたき、イラクに大量破壊兵器があるからと言っては圧倒的軍事力で国壊しをし、大混乱に陥り、何一つ解決させることができず、大量の無辜の市民や兵士の犠牲者をだして周囲を荒廃と混乱に陥れたアメリカが、何の反省もなく軍事力でイスラム国の壊滅が可能であるかのように思いこんでいる。恐ろしく危険な事態だとわにぞうは思う。

これに追随するのか。このことが安倍政権には問われているのだ。この本質を忘れ、テロに対して毅然として対応することそのものを批判することは誤っている。この点で、平和主義勢力のしっかりした思考が今問われている。

そして同時に、イスラム国という存在に対する複眼的思考が必要だ。彼らはただの無法者集団ではない。米国の誤った中東政策の蓄積の者で生み出された必然性のある現象だからだ。悪い人がいるからそれをたたきつぶす、という対応では決して解決しない。米国の、そしてそれに追随してきた日本の立場は卑劣ではないのか? ここを直視しなければ何も解決しないだろう。日本の取るべき対応を検討するカギもここにある。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/858-efdeb344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。