わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

On Your Mark / 宮崎駿(95日)
Chage and Aska の同名の曲に宮崎駿がアニメーションをつけたもの。「耳をすませば」に併映された。本日「猫の恩返し」のテレビ放映に先だってテレビ初上映された。公開当時、大きなスクリーンと圧倒的な音響でこの作品を観たときの幸福感は言葉には表せない。「耳をすませば」もさることながら、「On Your Mark」を観るだけでも十分入場料を払う価値があると思ったものだ。当時は入れ替えもいい加減だったから、時間だけはある学生の身分を利用して、何度も繰り返して映像に酔った。本日それ以来の再会となった。もちろん評価は
★★★★★

なお、「猫の恩返し」についてはかなり否定的な感想を持っているが、別の意味での感慨もあり、いつかまたどこかで触れてみたいと思う。

未来のカプセル化された巨大な地下都市が舞台。外はチェルノブイリを思わせる緑の無人の世界。深刻な放射能汚染にさらされているらしい。
警官たちが謎のカルト教団らしき集団の巣くう塔を武力制圧。その奥の間から美しい天使を救い出す。一度は体制側の組織によって奪われた天使を主人公の二人の警官が再度救いだし、外の世界へ解き放つ。その開放感。

1995年ということで、オウム真理教が組織的に引き起こしたサリン事件の直後に撮られた作品。これもおそらくなんらかのモティーフになっているのだろう。大切なもの(美しい天使)がカルト教団の巣窟の奥から見つかる。その教団を殲滅した国家はそれを管理する。それを放射能に満ちた、しかしながら美しい外界に解き放つときに感じる何とも言えない開放感はいったい何なのだろう?

せりふもなく、リフレインの度にパラレルワールドのように異なる展開をみせる。したがって、多義的な解釈が可能である。

それにしてもこれを劇場で観る幸せといったら!
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/85-0e056b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。