わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ駒大苫小牧の選手たち
部長の暴力事件ではつらい思いをしていると思います。日本の「部活動」というものの奇妙な閉鎖的体質は、未だに抜けないままです。これは学校の持つ問題点と重なるものだと思います。高野連や学校・部活動はどうしてこうまでして生徒を囲い込もうとするのだろう。部員の皆さんの野球の実力は間違いなく最高のものです。このことに全幅の自信を持って社会に出て行ってください。
ただ、今回の事件が象徴するようなみなさんの部活の暴力容認の体質は、社会に通用しないものだと僕は思っています。きっとみなさんも「これってどうよ?」と疑問に感じていたのではないでしょうか? そう感じたことを表明できない閉鎖性があったとするなら、みんなでこれから克服していきたいですね。同じようなことはきっと社会でもいろいろな場面で感じることがあると思うけれど、その時に是非今回の苦い気持ちを活かしてください。

今回当事者たちは(これにはもちろん部員の皆さんも含まれます)、部長の暴力が明らかになった時点で、きっちり問題に対応するべきでした。生徒の側も自分の部内の暴力についてなんら解決の動きを作り出せなかったことを反省するべきでしょう。ものを言えない雰囲気があったのか。あるいは部活動に暴力はつきものと思っていたのか。部長との人間的連帯もあったかもしれません。もし生徒の側としてこれが「許せる」ものであるなら、そう堂々と主張したっていいんです。少なくとも自分はそれをそのまままじめに受け止め、必要なら反論をするでしょう。
なぜこういう普通の対応が出来ないのか。そこには高野連の体質が根深く絡んでいると思います。高野連の無意味な純潔主義、連帯責任主義です。これをいいかげんやめるべきです。こういった罰則主義によって何が得られるのか。本来社会的に受けるべき批判に向き合うことから生徒たちを隠し、この「罰則」との間でその「罪」はチャラとなるだけ。後味の悪い一生の心の傷が残るだけです。
部員間の暴力行為で出場辞退となった明徳義塾について言っても、責任を持って彼らは甲子園に出るべきだった。高校生にもなってスポーツマンシップの初歩も知らないという事実に対し、自分らはもちろん厳しい目を注ぐでしょう。でも、きっちり謝罪して実力を出してほしかった。

世のブログを渡り歩いてみると、「処分は当然」という意見が圧倒的です。わからないではありません。現在の高野連のルールを前提とする限りはそうなるしかないということは理解できます。でも自分はこのルールそのものが何らの教育的価値もない、不合理なものだと考えます。
喫煙が判明したとか何とか。この手の「出場停止処分」の本質をよく考えてみるべきでしょう。
静岡県内ニュースというところに、以下のようなコラムがあったそうです。自分は正論だと思います。

【コラム・視点】明徳義塾の悲劇 野球も同じ部活動… 甲子園球場を舞台にする全国高校野球選手権は、球児の夏の総決算だ。 ところが、高知代表の明徳義塾ナインは、開幕を前に郷里へ戻った。総決算の晴れ舞台に立つ夢をかなえることなく―。部内の不祥事が公になったため、急きょ辞退を申し出て、日本高野連が受理したからだ。 高知県大会の直前に、部員の喫煙と暴力行為が発覚した。監督、部長らは謹慎などの部内処理をしたが、高野連へ報告することなく、県大会を戦い抜いた。・・ (中略)・・ 野球の不祥事が表面化するたびに思い出すのは、他の運動部を指導する教師の言葉だ。「うちが野球部だったら、いつも出場停止だよ」。そう言った教師は、こう付け加えた。「問題を起こす生徒でも受け入れ、指導する。受け皿になるのも部活の役割。途中で放り出す事なんてできない」と―。 野球だけ別格なのだろうか。そういえば、高校の体育活動を統括する高体連とは別に高野連という組織が存在する。 しかし、野球部も部活動の1つであり、部員も同じ高校生だ。というのに、野球だけ特別扱いしていないだろうか。そうした風潮が、隠ぺい体質からの脱却を阻んでいるような気がしてならない。(編集局次長・加藤訓義)

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/84-e4212d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。