わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

「立憲主義を破壊する暴挙」自体は政府の専権事項である
今回の集団的自衛権の限定的容認の閣議決定は、立憲主義を破壊する暴挙ということもできる(そういう論理は説得力のある形で一定の人をとらえうる)。しかし、日本の国家権力の一端を握る行政権は、その権限内で何でもできる。僕はそう思う。例えば国民主権が脅かされる事態が本当に発生すれば、超法規的な措置だってとれる。
じゃあなんだってし放題なのかというとそうではない。国民が主権者であるのだから、三権を活用し、国民世論を動員し、政府の態度を変えさせることができる。というか、立憲主義を担保するのは、憲法がそう述べているように、国民の不断の監視と、憲法を最大限に活用(政府を縛る武器はここにある)を通じて、政府を、国民の考える憲法の範囲に押しとどめていく行動なのだ。果たして今回の「限定的容認」が憲法を踏み越えたものなのかどうか。条文が自動的に政府を縛ることはない。政府を縛るツールが憲法によって国民に与えられているだけだ。憲法を踏み破る政府の行為を押しとどめるのは、憲法を機能させようとする国民の監視だけである。

まだまだこれからだ。本当に安全を保障するとはどういうことなのか。このことを正面から問い、国民の多数派を握る巨大な流れを作るつもりが護憲派にあるのかどうか。このことがいよいよ問われている。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/826-4c899093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ