わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戦争ができる国に」論の罠
超多忙なので超短く。
「戦争ができる国にしていいのか」という原理主義的護憲派の「殺し文句」がある。だが、多くの国民は自衛のための備えとしての自衛隊の存在を含めて戦争ができる国であることを認めている。だから、「戦争ができる国になる」と煽っているつもりだろうけれども煽りになっていない。「もうなっているんですけど??」で終わる。逆に、「自衛も否定するわけ? どうしろと?」で炎上することになる。ゴー宣道場の高森氏の指摘は全くその通り。

勿論、いずれも没主体的に戦争に“巻き込まれる”可能性は、高い。
それで結構、というなら話は別だ。

そうでなければ、憲法改正は避けられない。
左翼がいつまでも古臭い教条主義的な反対論ばかり振り回していると、
かえって憲法の空洞化を進め、立憲主義そのものを危うくする
「解釈改憲」路線を勢いづかせることになる。


というくだりは、原理主義的護憲派に対する厳しい批判としてありうる指摘だと思う。
もちろん、侵略戦争ができる国になんてしてたまるかとは多くの国民が思っていると思う。

このあたりをしっかり踏まえているのが「自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会」。この会の主張が正当に広がれば、国民世論を動かす力になると確信している。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/821-a60515aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。