わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおらかにのびやかに
東京都知事選挙は終わった。意義深い選挙だった。もっとも注目をしていた宇都宮氏は当選はできなかったが当選した舛添氏との票の比率をとうとう2対1にまで詰めた。前回都知事選挙で7対1から4対1に詰め、それをさらに進めた。前回大きく票を押し上げてくれた脱原発票が細川氏に流れ、大雪で投票率が大きく下がる中で得票を伸ばした。僕は驚異的な健闘だと思っている。
細川氏との関係もノーサイドでいい。細川氏にも限界はあるが、細川氏の出馬が都知事選挙の関心を押し上げ、宇都宮氏との相乗効果で結構よきライバル関係を作り、票を掘り起こしたと思う。宇都宮氏の票の増加の一部にはその効果も含まれていると考えている。
考えてほしい。今の与党支持率は調査によっては60%にせまるほどなのだ。前回の猪瀬は400万票。自公連合は簡単に勝てる相手ではないのだ。二人で戦って何とか互角に持ち込んだというのが本当のところだと思う。自民党を大勝させた参議院選挙の流れ、アベノミクスや構造改革幻想、安全保障情勢、マスコミの堕落、政党戦線の民主党幻想、第3極幻想の相次ぐ崩壊など、客観的には厳しい。現在の自公宇都宮氏と細川氏の基盤とする支持層は異なる。両陣営の士気を損なうことなく一本化するに十分な時間はなかった。機械的にどちらかに一本化すればある範囲の票を間違いなく失う。そういう選挙だった。選挙は陣営の士気に依存していることを見るべきだ。

いま大切なことは、両者がそれぞれの立場で次の戦いに向かうことだ。おおらかに支持者たちは互いに励ましあいながら進んでいけばいい。どちらの陣営もおおらかさが大切だと思う。一時は上から目線で泡沫扱いされた宇都宮陣営が2位となって細川氏に勝ったことを喜ぶ気持ちになるのは自然だ。一方で、宇都宮氏に負けた細川陣営は、その後ろめたさも手伝って、そういう宇都宮陣営をたたきくなる。これも自然だ。いいじゃないか。負けたら悔しいものだ。大切なことは、それぞれの善意を信じることだ。両者の間にそんなに大きな認識の隔たりはないと思う。その解釈をめぐる広がりに過ぎない。

脱原発の運動も終わりなどしない。終わらせなどしてなるものか。僕の住む地域の近くにも原発があり、その再稼働はいやおうなく問題となる。東京という一地方の選挙結果で、地方の戦いが終わるはずがないでしょう? 東京と違って首長選挙で勝つなんてことはないだろうけど、勝利の展望は開いてみせる。こういう、人任せにしない、人生をかけた覚悟みたいなものは、宇都宮さん自身と、いろんな立場で選挙で頑張っている人々の姿から伝染したように思う。東京都知事選挙は、全国の脱原発運動を励ましていると思うよ。

いま特に深い敗北感にさらされている、脱原発シングルイシューで細川さんという一縷の望みにかけた皆さんを勇気づけなければならない。彼らの深い絶望は今、宇都宮氏を支持した人々と、宇都宮さん、彼を推薦した共産党への攻撃に向けられいる。この絶望に沈んだ気持ちをわかってあげなければならない。特にtweetを通じて表明される気持ちはストレートで危ない。その後ろにある葛藤が見えなくなりがちだ。激しいtweetに反応したくなる気持ちもわかるけれど、ここはわかってあげながら受け流すtweetを。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/773-feeff9b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。