わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国神社と第2次世界大戦の性格
靖国神社は単なる戦死者を対象とした施設ではない。例えば日本の関係した戦争での海外の被害者は祀られていない。この点では沖縄の平和の碑の方が平和の観点からはよいと思う。だが、海外はまぁさて置く、ということにしよう。それでも日本の戦争被害者も祀られていない。基本的には軍人を祀っている。一方でA級戦犯は合祀されている。逆に、西郷隆盛は時の政府(と、自動的に天皇)に対する逆臣なので祀られていない。基本的には軍人のみを対象とした施設である。
また同時に、軍人を単に追悼する施設ではない。彼らを顕彰する施設である。日本(国家)のために、自ら軍事的な意味で命を投げ出して戦ったものを顕彰する施設である。
通常、平和を主張する人々はこの時点で靖国参拝に批判的な見地は確立することになる。
だが、ここはもう一歩考えてみることをお勧めしたい。

日本(国家ではなく、国民あるいは民族)のために命を投げ出して戦ったものを国民の立場から自然に、積極的な意味をもとらえて弔うことは重要ではないだろうか。問題なのは、靖国神社が軍人の顕彰を、あくまでも当時の国家の立場から、しかもその当時の国家の立場や国策を全面的に肯定する立場から行っていることだ。なぜ、過去の戦争等で日本のために戦ってくれた人々を積極的に弔おうとすると、同時に当時の国家の立場に立ち、その国策を全面的に肯定する立場に立たなければならないのか。僕は当時の軍人たちについても、その意思を尊いと思い、自然に弔おうとする意思がある。だが、当時彼らを死に追いやった国策の誤りは犯罪的だと考えている。その戦争で侵略の対象となった国々もあることを思えばなおさらである。

問題は、軍人を祀り、その意思をたたえようとしていることではない。そうではなく、当時の国策を全面的に肯定する立場(日本国家無謬の立場)を、弔おうとするものに押し付けていることである。

靖国神社の日本国家無謬の立場は、当時の軍人たちに対する犯罪的な国家指導者の無謀や無策をも覆い隠す。靖国神社は、顕彰している当の軍人たちの戦いの足を引っ張り、無為に引き回した国家の犯罪を糊塗しようとしている。また、国のために戦争に反対した人々を無視している。このような立場を無邪気に肯定できない人がいるのは当然だろう。
当時の国策を全面的に肯定すると、第2次世界大戦の性格、したがって戦後国際社会のとらえ方が国際社会と大きく異なるものとなる。第2次世界大戦を国際社会がどのように性格付けしているか。一面では帝国主義国家間の権益の奪い合いという側面があった。だが一方では、ファシズムに抵抗する世界の連合の力で、自由と民主主義、人権の尊重を否定する勢力を追い詰めて打ち負かした性格もある。だから、戦後処理は単純な植民地主義的領土の分割は起こらなかった。多くの欺瞞はありつつも、領土不拡大の原則を確立した。というものだ。靖国神社の立場は、このような国際社会の見方を日本国家無謬の立場から否定する。これはまず通常の国際社会の原理を受け入れている多くの国家(米国を含む)にとって認めがたいものである。民主主義、人権の尊重を僕は尊いと思うから、第2次世界大戦の日本のこの点での立場は非常に残念なものだったと感じる。民主主義や人権を当時の日本こそが代表していたと感じる人もいるとすれば、それは尊重しつつ反論するつもりだ。

すなわち、僕が問題だと感じるのは、靖国神社の特異な立場である、日本国家無謬論(しかもその対象は相当戦前戦中国家に限定されている)だ。軍人を顕彰しているからではないのだ。その意味では、首相の参拝が顕彰であったとしても、現在の靖国神社の立場を考えると、僕には肯定できない。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/750-dcd30f7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。