わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに「小児病」を読む
久しぶりに本棚に眠っていた「共産主義における『左翼』小児病」(ヴェ・イ・レーニン著、朝野勉訳、大月書店国民文庫、1978年)を読んでみた。現代一流の書き手たちの文章に感じる知的興奮に匹敵するワクワク感をもたらしてくれる文章だ。レーニンが当時のドイツやオランダに生じた「サヨク」的傾向を正面からぶっ叩いた論文である。
当時の「サヨク」はこう叫ぶ(p. 35)。

共産党の支配はあらゆる政党支配の最後の形である。原則としてプロレタリア階級の執権に向かって努力しなければならない。そして、党のすべての政策、その組織、その闘争形態、その戦略と戦術は、これに適応しなければならない。このため、ほかの政党とのあらゆる妥協、議会主義という歴史的にまた政治的に寿命の尽きた闘争形態へのあらゆる復帰、あらゆる迂回政策と協調政策はすべて、断固として拒否されるべきである。


革命的闘争において当然共産党の指導下に入ってくるもっとも広いプロレタリア的な団体と層とを結集するため、最も広い土台の上に立った、また最も広い範囲の、新しい組織形態がつくりだされなければならない。すべての革命的な要素のこの集合の場所は、経営組織を土台としてつくられた労働者同盟である。ここに、労働組合を脱退せよ! というスローガンに従うすべての労働者たちが統一されなければならない。


実に「戦闘的」な言葉だ。だがこの言葉の衣を身ぐるみはぎ取ってみると、教条主義と日和見主義の混ざり合った本質が表れることを丸ごと明らかにする痛快な論文だ。

この論文からまず第一に何よりも感じられるのは、数々の出来合いのスローガンや公式ではなく、具体的な事実そのものや歴史的な経験に常に依拠し、謙虚に学ぶ姿勢である。これに対して当時の「サヨク」たちは、現実を観念から作り上げたスローガンで裁断してみせる。複雑な現実を捨象し、単純な「革命的戦術」に依拠しようとする。特に笑ったのは、「サヨク」たちの「議会主義は寿命の尽きた闘争形態だ」という認識に基づく議会闘争一般を否定する見解をいさめた次のくだりだ。

「数百万」または「数軍団」のプロレタリアがまだ議会主義一般に味方しているばかりではなく、あからさまに「反革命的」である場合、「議会主義は政治的に寿命が尽きた」などとどうして言えるのだろうか?! あきらかに、議会主義はドイツではまだ政治的に寿命が尽きていない。あきらかに、ドイツの「左派」は自分の願望、自分の観念的=政治的態度を客観的現実ととりちがえたのである。


また第二に強く感じられたのは、いかに依拠すべき大衆が反動的な性質を持っていようとも、あくまでも大衆とともに進もうとし、大衆とともに経験に学ぼうとする姿勢だ。議会主義についてこう語っている。「大衆とともにある」とはどういうことだとレーニンが考えているかがわかる文章だ。

ドイツの共産主義者たち(「サヨク」たちのこと)にとっては、議会主義は「政治的に寿命が尽きている」。だが、問題はまさに次の点にある。つまり、われわれにとって寿命の尽きたものでも、それを階級にとって寿命の尽きたもの、大衆にとって寿命の尽きたものととりちがえるべきでないということである。・・・諸君は、まさに全階級(その共産主義的前衛だけではない)、まさに全勤労大衆(その先進的な人たちだけではない)の意識と覚悟の現実の状態を冷静に注視する義務がある。・・・さもなければ、諸君はただのおしゃべり屋になる恐れがある。


いかに「反動的な」大衆であろうと、その大衆に対して語りかけ働きかけること。そこにこそ本当の革命家にとっての「学び」があると、レーニンは固く信じているのだ。

いかにロシアでの経験から謙虚に学ぼうとしているかがわかる文章がある。レーニンは、妥協は許される場合もあるし許されない場合もある、という。だが、具体的にはどういう妥協が許されないのか教えてくれないのか? そう我々は問いたいと思うことがある。だが、この問いは無意味だ。我々は我々の頭で考える必要がある。

・・・もちろん、政治では、ときには、階級間、政党間のきわめて複雑な・・個々の国の、また国際的な・・相互関係が問題となるので、あるストライキの「妥協」が正当なものか、それとも・・裏切り指導者の配信的な「妥協」か、等々といった問題よりもはるかに難しい場合が非常に多い。あらゆる場合に当てはまるような処方箋ないし一般的な基準をつくりだすことは、ばかげたことである。個々の場合を判断できるためには、自分の頭で考えねばならない。


僕らはよく物理学の法則について「適用限界」の話をすることがある。ニュートンの運動の法則は光速に近い速度で運動する物体には適用することができない。ミクロの物体の法則は量子力学による記述が必要だ。社会に対する法則性を論じようとするレーニンの語りにも同様の表現が登場する。そしてそれは古い社会主義者への敬意に彩られている。

新しい政治的思想の信用を落とさせ、それを傷つけるもっとも確実な方法は、それをまもると言いながら、それを不合理なものにしてしまうことである。なぜなら、あらゆる真理は、(老ディーツゲンが言ったように)それを「極端なもの」にし、それを誇張し、それを現実に適用しうる範囲外に押しひろげるなら、それを不合理なものとすることができるし、またそのような事情のもとでは、真理はどうしても不合理なものに変わらざるを得ないのである。



備忘として、まずはここに書き連ねておく。
特に、お題目を振りかざして現実を裁断しようとする傾向を、そして、「進歩的でないから」という理由で大衆を見限り、内輪でのみ通用する論理で現実と切り離された空想の戦術を描こうとする傾向を戒める教訓として。すなわち、現実に対する科学的なスタンスを忘れ去る誤りを戒める教訓として。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/727-d2c9048b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。