わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

外から情報をいただくことだけを語る安倍首相インタビュー
安倍首相は産経新聞のインタビューに答え、特定秘密保護法の必要性を説き、日本の安全に関する重大な秘密を守る必要性について語っている。あからさまに中国が敵国とされていることはこの際問うまい。さて、そういう敵国の情報を得て管理することで日本は安全になると言い張る。だが、そういう重要な情報がクリアーに入手できる状況はまずありえない。敵は全力で隠すものだ。そしてあたかも中国以外のすべての国々は善意で日本に嬉々として中国の危険を知らせる情報を渡そう渡そうとしているかのように言う。各国にNSCという善意の機関があるのだそうだ。よろしい。他国のNSC仲間から情報がいただけるとしよう。だがその情報は本物なのか? いったいそのことをどのように確認するつもりか? 自分の国の安全保障に関する情報はあくまでも自前で獲得するしかない。そして、秘密の情報戦の中でつかみあるいはつかまされるおぼろげな情報など何の役に立つだろうか? 僕には首相のこのような発言で安心できる人のことが良くわからない。
つまり安倍首相は、米国からいただけるありがたい情報だけを盲目的に信じているのだ。米国からつかませていただいた情報だけを信じて国を率いていけば大丈夫だと考えているのだ。国民とともに考える必要もない。米国からいただける秘密の力で、右往左往する愚かな日本国民を守ってあげるつもりなのだ。
だがどうだろう。虚々実々の国際的な情報戦の中で、信頼に足る(というよりも合目的的に正しく機能できる)情報がもしあるとすれば、その情報を流そうと意図するものから相当近い「距離」にあるものに限られる。米国の戦略に基づいた日本をコントロールするための情報。これだろう。
本当に大切なことは、明らかになっている情報を正しく分析し判断することだ。その情報から国の進む道を国民とともに判断することだ。米軍からいただく秘密を頼り、国民を座敷牢に閉じ込めても、日本を守ることはできない。日本の底力は国民を信じ、ともに明らかな情報に基づいた力強い合意に基づいてのみ発揮される。
インタビューのほとんどを外国からの情報の重要性に割く首相の「言い訳」に、深刻な疑義を深めるばかりだ。

安倍首相は一色氏による中国漁船衝突事件の映像流出はよかったと思っているようだ。秘密としたのは致命的な判断ミスだと言い、当時のマスコミをダブスタだと非難する。つまり、自分にとって都合のいい秘密漏えいは賛成なのだ。なのになぜ秘密保護法案なのか。つまり自分にとって都合の悪い秘密漏えいは許せないということだ。ダブルスタンダードなのは誰なのか。この事件自体が特定秘密保護法の機能を鮮明に示している。致命的なミスだろうが秘密にしようと思えばできてしまい、それを厳罰で囲い込めるのが特定秘密保護法ではないか。

どこかは言えませんが、ある国の情報機関のトップは、NSCができて秘密保護の法律ができることによって、日本への情報提供はよりスムーズにいくとはっきり言っていましたね。



ネトウヨたち、おめでとう。よかったね。これからはその同盟国が流してくださる情報を信じて生きていけばよいのですね。国民も何も判断しなくてすむ。政府の言うことを信じていれば安全安心なのだから。

自衛隊を米国にさしだし、米国の情報のゆりかごの中で生きていくこと。このインタビューが裏書きをしていることは、この法案の目的がまさにそこにあることだ。
確かに世界には秘密は満ち満ちているだろう。だが、まずは世界にあふれている情報や太い時代の流れを読み解く人の英知を信じよう。この英知を鍛えずして、平和も繁栄も決してやってこない。特定秘密保護法はこの英知の根本を損なう悪法だ。
世界は陰謀家の掌の上で動いてなどいない。本当に日本を動かそうとするなら、国民の明確な判断と団結が必要条件だ。国民を国政の蚊帳から追い出して、蚊帳の中でくだらない情報といかがわしい情報にもてあそばれて国の針路を誤る指導者の出現をこそ恐れなければならない。そして「彼」はすぐそこにいるのかもしれない。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

わにぞうさん、お久しぶりです。
以前凹んでいた時にコメントを下さったのに、返せなくて申し訳ありません。

あの後もまた、何か月もPCに繋がない日々が続きました。
公私ともに色々あったこともあるんですが、特定秘密保護法で、真面目に政治や経済を学ぼうとする気力が失せてしまいましてね。閉鎖するサイトさんとかも出てくるし…。

「真実を知りたい」ということは、人間の根源的な欲求だと思うのですが、それを法律で規制してしまうとは何と愚かな……。

今日はまた、首相の靖国参拝で騒動してますね。
日中開戦プログラムの、今どの位置まで来てるんでしょうねぇ。
【2013/12/26 14:13】 URL | るずこん #xCli0y5o [ 編集]

Re: タイトルなし
> わにぞうさん、お久しぶりです。
> 以前凹んでいた時にコメントを下さったのに、返せなくて申し訳ありません。
るずこんさん、ありがとうございます。
いつも本質を突いた記事を楽しみにしています。また気が向いたらどんどん書いてください!
僕自身無茶苦茶に多忙で、ゆっくり考えて物を書く時間が取れません。秘密保護法のころには少し気合を入れて記事を書き込みましたが、また雑事に追われる毎日です。

> 公私ともに色々あったこともあるんですが、特定秘密保護法で、真面目に政治や経済を学ぼうとする気力が失せてしまいましてね。閉鎖するサイトさんとかも出てくるし…。
最近は内田樹さんと、編集長こと松竹伸幸さん、引き続き中野剛志さん、柴山桂太さんあたりに着目しています。最近では、「まともな日本再生会議」はよかったです。これらの流れがメジャーにならないようでは日本の将来は本当に厳しいです。本当にどうすればよいのでしょうか。

僕はど真ん中の護憲派なんですけれど、こちらの「陣営」の言葉もステロタイプ化されてしまい、外に対する影響力をほとんど失っていることが歯がゆくてなりません。定型に納まらない、人の心に届く言葉を! そして、本当の言葉に共鳴する人は少なからずこの世にいるハズですよね。
またちょいちょい遊びに行きます!
【2013/12/27 00:08】 URL | わにぞう #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/723-9fadf241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ