わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定秘密保護法をめぐる最終版の力関係
特定秘密保護法は成立した。しかし、国民の批判は明らかに効いている。歴史を動かしている。潮目は変わりつつあった。

会期末になって突然「第三者的機関」なるものを4つも連発した。このことは、秘密と知る権利のバランスに重大な疑義があり、民主主義国家の根幹を損ないかねない法案であることを告白したものだ。与党は言い訳に回り始めた。法案には深刻な瑕疵があることが明らかとなった。それに対応すべき議論の出発点にすら立っていない。これが、国会最終盤の情勢であった。

批判の規模は非常に大きいものがある。学者や作家、映画関係者など、急速に懸念の意思表明が広がった。国会前には自然発生的に1万を超える人波が取り囲んだ。

衆議院では一部野党が取り込まれたが、参議院では最後まで妥協できなかった。

潮目は変わりつつあったのだ。

最終版、2日の会期延長を行った。だが、与党は特定秘密保護法成立をかっさらっていった。なぜわずか2日を待てなかったのか。膨れ上がる国民の批判を心から恐れたからに他ならない。

そして事の本質は、国民の批判よりも自衛隊の米軍への一体化を何よりも重要とする、売国政権の本音から出た行動だ。この法案が通ったからと言って、あきらめるわけにはいかない。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/721-4f5da384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。