わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集長の提起:多数派を獲得するために
かもがわの編集長の提起に着目しています。

安倍政権を特徴づけるのは、「軍事」一般ではなく、「戦争挑発型の軍事と外交」というようなものである。それをただ「軍事優先」だと言ってしまうと、侵略に対する防衛という、いわば当たり前の軍事をも批判しているように見えてしまって、侵略されたら自衛するのは当然だと考える人はついてこれない。(「『軍事か外交か』問題について」より)



では、どうやって多数派で包囲するのか。

仲間にすべき相手は、大きくいってふたつの勢力がある。

 ひとつは、軍事力を否定し、外交だけでやっていくと考える勢力。絶対平和主義の人びとと言ってもよい。ただ、これは数としては、少数にとどまる。

 もうひとつが、すでにのべた「憲法九条型の軍事と外交」を考える勢力。これは、九条と自衛隊の両方を肯定するわけだから、数としては圧倒的多数だが、潜在的なものにとどまっている。そんな考えがあることを自覚していないからだ。しかし、それが現実的なものであることが示されれば、目に見える勢力となっていく可能性がある。

 このふたつの勢力が共闘するわけである。



いま大切な対立軸がどこにあるかを提起してくれており、ほぼ全面的に同意できます。

現在の日本の深い対米従属の実態に行き場のない怒りを感じている人々は多いと思います。こういう人々の中には、たとえば自衛隊の増強を考える方もいるでしょうし、ましてや天皇を日本の中心にいただくような発想を持つ人々もいます。それでもこういう人びとをも巻き込むため、攻めに攻めることが必要だと思います。

僕はこの立場でリアルな世界でも可能な手を打っていこうと思います。

急を告げる秘密保護法案の情勢の下で。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/714-b2b6670e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。