わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内田さんの秘密保護法案に関する記事
ちょっと前になるが、内田さんは改憲に関する重要かつ大胆な予測を発表している。この予測は、内田さんのブログ記事「私の憲法論」に端的に示されている。

2周刊ほど前に、ある媒体に『私の憲法論』を寄稿した。
いつもの話ではあるけれど、採録しておく。
このときは「参院選の争点は改憲だ」というようなことをメディア関係者は言っていたけれど、私は「アメリカが反対している限り、安倍内閣は改憲の争点化を回避する」と考えていた。
現にそうなっていると思う。



この予測は今のところ破られておらず、かつその予測を基盤とすると今国会をめぐる政治情勢の基本が見事に解明されるのだ。今更ながらその卓見に敬意を表せざるを得ない。

この視点の下に、最新のブログ記事「特定秘密保護法について」で、秘密保護法と集団的自衛権の行使をめぐる議論の本質が鮮やかに暴かれる。内田さんによれば、今回の秘密保護法案は、集団的自衛権の行使とセットとなる改憲の実質を救うための手段なのである。なぜ改憲の実質を救う必要ができたか。ホワイトハウスからの指示によって改憲はすでに断念されたからだ(ここが内田さんの認識の演繹に基づく「予測」である)。安倍政権は骨の髄まで米国の傀儡だ。改憲に踏み込むことはそもそもできないのだ。内田さんの「見切り」である。事実ことは内田さんの見立ての通りに進んでいる。
安倍政権が行えることは、アメリカの意向に沿うことのみ。つまり、アメリカの要請にこたえてともに軍事行動を行うこと。そのために必要な二つの手段が、集団的自衛権の行使と秘密保護法案なのである(そして日本版NSCもこのリストに加えることもできるだろう)。

内田さんも秘密保護法案には反対の立場を表明されている。その論理も明快だ。

私とて大人であるから、政府が国益上公開できない秘密情報があることは喜んで認める。だが、秘密漏洩についての法的措置は多くの法律家が指摘するとおり現行法で十分に対応できている。
現に、重大な国防外交上の秘密漏洩事案は過去にいくつかあったが、いずれも現行法によって刑事罰を受けている。この法律がなかったせいで防げなかった秘密漏洩事例があるというのであればそれをまず列挙するのが立法の筋目だろう。
だが、そのような事例はひとつも示されていない。



秘密は存在している。秘密があるから国民主権が脅かされるとか、平和憲法を踏み外しているから秘密はだめだとか、そういう雑な議論はしていない。これが大切だと僕は思う。

そして、なぜ民主主義の原則が重要なのか。国家安全保障よりも、経済発展のための法制度より何よりも、重要な原則がそこにはある。

特定秘密保護法は賢明で有徳な政治家が統治すれば実効的に機能するが、愚鈍で邪悪な政治家が統治すれば悪用される法律である。
そういう法律は制定すべきではない。
それは現在の政治家や官僚が例外なく愚鈍で邪悪であるということを意味するのではない。
そのような人々が政治の実権を握ったときに被害を最少のものにするべく備えをしておくのが民主制の基本ルールだからである。
別に私がそう言っているのではない。
アメリカの民主制を観察したトクヴィルがそう言っている。



なぜ安全保障上重要な秘密を守ることに民主主義的な原則が優先するのか。国民はここに立ち戻る必要がある。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

特定秘密保護法は民主主義廃止法
特定秘密保護法は許されない
特定秘密保護法で守られるのは国民の安全ではなく国家の安全
【2013/11/09 15:53】 URL | mii #- [ 編集]

Re: タイトルなし
> 特定秘密保護法は民主主義廃止法
> 特定秘密保護法は許されない
> 特定秘密保護法で守られるのは国民の安全ではなく国家の安全
ありがとうございます。
そして、プチ反論をするとすれば、これによって決して国家の安全は守られません。民主主義国家は死滅し、必要のないアメリカの戦争に参戦することにより、多くの日本人が他国の人々の殺傷に手を染め、かつ多くの日本人が無駄に命を落とすことになるでしょう。
特定秘密保護法では国家の安全すら守られないことを、人々に伝えていきましょう。
【2013/11/09 21:23】 URL | わにぞう #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/710-dc390e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。