わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参議院選挙の結果について
私が最も注目していた共産党の最近の国政選挙における得票の推移を見てみる。

    2013参院選 2012総選挙 2010参院選 2009総選挙
共産党  5,154,055  3,689,159  3,563,557  4,943,886

今回の得票は、民主党旋風が吹き荒れ、それを追い風として票を伸ばした2009年総選挙と比較しても大きく伸ばしている。二大政党、第三極を喧伝されてきた数年間を乗り越えて自力でつかんだ勝利だといえる。
ところで、東京都議選の得票のみをもって共産党は退潮一方であるかのような議論がなされたが、この論が失当であることも、以下の東京での得票の推移が示している。

    2013参院選 2013都議選 2012総選挙 2010参院選 2009総選挙 2009都議選 2007参院選
共産党  772,500  616,721  484,365  497,151  665,462  707,602  554,601

都議選の結果が共産党の支持層を新たに増やす効果を持ったことも見て取れる結果である。東京選挙区での吉良候補の当選も含め、チャンスはものにしたといえるだろう。
これで共産党は参議院で11議席を占め、党首討論への参加と単独での議案提案権、法案提案権を得た。これを活用して目に見える成果を獲得する努力をしてほしい。

一方で、自民・公明が大勝したことになっている。得票はどうだろう。

    2013参院選 2012総選挙 2010参院選 2009総選挙
自民党 18,460,404 16,624,457 14,071,671 18,810,217
公明党  7,568,080  7,116,474  7,639,432  8,054,007

確かに自民党・公明党は得票を増やしている。同時に、大敗した2009年総選挙に比べるといずれも票を減らしていることも事実だ。アベノミクスの破たん後は大きく票が逃げることになるだろう。

民主党は大きく減らし続けている。

    2013参院選 2012総選挙 2010参院選 2009総選挙
民主党  7,134,215  9,628,653 18,450,140 29,844,799

とうとう公明党にも抜かれるに至った。
民主党は比例代表の上位に労使協調大企業労組系の候補をずらりと並べており、ごっそり当選している。
一方で興味深い記事がある。民主党の大阪選挙区の候補梅村氏の落選を伝える記事だ。

 頼みの綱の労働組合中心の組織戦も難航。陣営担当者は「支援どころか連絡もつかなくなる組合もあった」と労組の“民主離れ”を打ち明けた。



これを労組の民主党離れと言うのは常識的だが、実は梅村候補はハブられたというのが真相だろう。連合の身内候補の当選のためのマシンだけが働いた。労組の身内候補でない自民党の対抗軸としての「二大政党制」を体現するだけの候補は、すでに今の民主党を支える現実的基盤(=連合)にとって何の魅力もない存在なのである。
民主党は文字通り「連合」の選挙マシンに縮退しようとしている。「連合」には二大政党の一翼を担う気概などない。野心を持った政治家たちは早晩政界再編の中へと民主党を立ち去っていくだろう。

第三極はどうか。

    2013参院選 2012総選挙 2010参院選 2009総選挙
維新   6,355,299 12,262,228  ---  ---
みんな  4,755,160  5,245,586  7,943,650  3,005,199

維新は二人の党首の困った人間性を浮き彫りにしたこの間の一連のてんまつですっかり失速した。みんなは2010年が頂点で、あとは減速する一方である。維新+みんなという、第三極喧伝勢力が思い描いたシナリオも発動せず、民主の代替体制内勢力の構築に失敗した。

山本太郎氏、沖縄の糸数慶子氏と、比較的強く政策的内容で一致しうる議員も当選した。可能な協力関係を築いていくことを期待したい。

議席数で共産党、みんな、維新が並んだ。これらの政党が本当に国民の望む方向性の実現に力になる勢力なのかどうか、ここを国民は真剣に見ている。創意を尽くして制度を活用しきることが求められている。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/682-b6d6c4d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。