わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし外国が攻めてきても抵抗しないのが左翼なのか?
平和勢力にもいろいろあるのだろうが、誤解が絶えないので言っておきたい。

平和勢力は軍事的な問題解決をどこまでも回避することを志向する。とはいえ、彼らのすべてが非武装無抵抗主義者なわけではない。無法な軍事侵攻に対しては、国民の生命と財産を守るために、存在する自衛隊を使って断固として抵抗することは、共産党の既定方針でもある。

急迫不正の主権侵害、大規模災害など、必要にせまられた場合には、存在している自衛隊を国民の安全のために活用する。国民の生活と生存、基本的人権、国の主権と独立など、憲法が立脚している原理を守るために、可能なあらゆる手段を用いることは、政治の当然の責務である。(「日本共産党第22回大会決議」, 2002年)


平和憲法を掲げるのだから、自衛隊の活用も否定しているはず、という誤った前提で平和勢力を攻撃する、ためにする批判がある。現代の平和主義勢力の多くは、決してそこまでお花畑な人々ではない。だが、このような攻撃はしばしば功を奏していることも事実だ。

国民の間の「常識」として、平和勢力や共産党と言えば即時自衛隊否定、廃止を主張している。という誤解は根強いと思うし、ここでかなり損をしていると思う。この点に関する慎重な姿勢は、きっちりと押し出しておいた方がいいと、常々思うのだが・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/670-b91e0902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。