わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ面白い!(リベラル21)
あまりこのサイトには期待していないのだけれど、今度ばかりは本当に面白かったし、珍しく意味のある言葉が紡がれていると感じたので引用する。
リベラル21の「パロディ:北野武が語る橋下騒動」(盛田常夫氏の投稿)より。

 オイラなんかがさ、偉い顔して言うこともないんだけどさ、皆が知っているように、オイラも橋下さんと同じでフーゾクが大好きだから、一言、言いたくなるんだよね。だけど、オイラは芸人だけど、橋下さんは市長だからな。それも大都市大阪の。立場が違うと、やっていいことと悪いこと、言っていいこと悪いことがあるんだよな。オイラがアメリカの軍司令官に「日本のフーゾクどうですか」なんて言えば笑い話で済むけどな、橋下さんが言っちまったら終わりだよ。アメリカのカリフォルニア州知事が、基地の前にフーゾクの店を開きましょうなんて言ったら、まずいよな。アメリカだったら即刻辞任だね。本音はどうかしらないが、向こうは建前が厳しいからね。橋下さんが「フーゾクで遊んで何が悪い。売り手と買い手のビジネスだ」ってすごめば、日本のマスコミは「はい、そうですね」と引き下がるが、この手は向こうじゃ通用しないね。「そんな奴に政治は任されない」となるからな。アメリカにちょっと行って見ただけじゃ、向こう様の社会は分かんないよ。橋下さんにまともなアドヴァイザーがいないのかね。この騒動、橋下さんには荷が重すぎるね。

 フーゾクなんて、こっそりやるから面白いんだよ。橋下さんだって、奥さんに内緒でこっそりとコスプレして楽しかったのが忘れられなくて、アメリカの軍人に勧めてるんだろう。辺りを見回してさ、誰かがオイラのことをみてやしないかときょろきょろしてさ、それで店に入るってスリルもあるしな。考えてもみなよ、基地の前に「日本最高のフーゾク・サービスを提供します」なんて宣伝して、「ふーぞく」の店を開いてアメリカの軍人さんが喜ぶと思うかい。戦場なら分かんないが、平和な時に、基地の前に開いた店に行列して並んで楽しいかね。便所に並んでいるみたいでさ、ちっとも楽しくないよ。オイラは駄目だね。「ふーぞく」の開店時など、マスコミがわんさとやってきてさ、格好悪くて行列に並んでなんかいられないよ。日本のマスコミなんて不躾だから、帰りに「どうでしたか」なんて聞くもんな。こんなのちっとも楽しくないよ。


これだけ本質に迫った批判的議論を初めて見ました。政治家がその矜持を持たないといけないという当たり前のことが抜け落ち、公の精神の失われた日本の綻びが浮き彫りになっているような気がします。

こういう状況をより直接的に嘆いているのが藤井聡氏だ。三橋貴明の「新」日本経済新聞「【藤井聡】そりゃ怒るわなぁ…」より。

こうした経験を持つ筆者からすれば、昨今起こりましたあるニュースについて、ある国の方々が烈火の如く憤っておられる理由は、手に取るように理解できました。(#おそらく、その憤りの理由を論理的に解説すれば、上記の第一と第二の理由は 確実に「含まれて」いるものと思われます。無論そのニュースについては、これら以外の重要な理由もあろうと思いますが)

しかし、以上の説明を何度読んでも理解できない方は。。。。。その国の方々の憤りを理解することは、おそらくはできないのではないかと思います。

いずれにしても。。。。外国の方とつきあうには、「こうした屈辱感を先方に喚起させることがあり得るのだ」という事を十二分に理解しておくことが不可欠なのです。そうでなければ、良好な外交的関係を取り結ぶことなど、絶対に不可能なのです(例えば、私にそんな強烈な屈辱感と超絶な憤りを味合わせた、そんなニヤニヤしたドライバーと社交関係を取り結ぶなぞということは、私には不可能でしょう)。

逆に言うなら、それができぬ人間(例えば、先のニヤニヤしたドライバーの様なメンタリティを持った日本人)は、如何なるレベルの外交においても、関与してはならないのです。

そしてもしもそんな人物が関与することを許容している国があるとするなら。。。。。その国は、諸外国から「野蛮国」の誹りを受けたとしても、それを否定する資格など、その国の国民は全く持ち合わせてはいないと言わざるを得ないのです。


日本の政治の末期的症状。これをどうすればいいのでしょうね? そしてこういう状況を許している責任の一端は間違いなく我々主権者にもあります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/653-3deea370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。