わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ安倍首相やネトウヨは日中・日韓関係を乱暴に扱うのか
太田光氏が普通に考えてまっとうな発言をして、ネトウヨからの総攻撃を受けている。
彼の発言は以下の通り。

安倍首相が、閣僚の靖国神社参拝をめぐる中国・韓国からの批判に「わが閣僚はどんな脅しにも屈しない」
と述べたことにも、太田さんは「あまりにも幼稚だし、ヒステリックだし、子どもだよ」と手厳しい。

もっとも少し意外にも、太田さんは靖国神社への参拝やA級戦犯の合祀自体には、
「その人たち(A級戦犯)が悪いと決めたのは、(勝者による)東京裁判。
自分の親が国を守ろうとしてやったことには、そのときの事情があったんだと思います」と「理解」を示した。

どちらかというと太田さんとしては、首相が「屈しない」の一言で議論を拒否するような姿勢を取ったことを問題視しており、
「熱意を持って(なぜ靖国に行くのかを)中国・韓国に説明しようとしなければならない」と、首相に注文をつけた。



これは正論だろう。
だが、これに対して悪罵を投げつけるネトウヨがいっぱいだ。その意図はわかる。中国と韓国はいずれも根本的に「反日」なのであり、対話の対象ではないということだ。
こういう認定は可能だろう。だが、その帰結は極めて非生産的なものだ。それはそうだろう。隣国は基本的に理性的に話し合うことは不可能だという。これは絶望的だ。
ところがこういう非妥協的な日中・日韓関係を演出したいという意図があるとすればどうだろう。

内田さんの最新のブログ「朝日新聞の「オピニオン」欄に寄稿」は、この可能性があることを以下のように論証している。(まぁネトウヨの反応は大体わかっている。まずは「朝日新聞」に寄稿したことにかみつくのだろう。彼らにとってはこういうつまらないことが、動かしがたい真理の証拠なのだから。)

この本質的に反国民的な要求を国民に「飲ませる」ためには「そうしなければ、日本は勝てないのだ」という情緒的な煽りがどうしても必要である。これは「戦争」に類するものだという物語を国民に飲み込んでもらわなければならない。中国や韓国とのシェア争いが「戦争」なら、それぞれの国民は「私たちはどんな犠牲を払ってもいい。とにかく、この戦争に勝って欲しい」と目を血走らせるようになるだろう。
国民をこういう上ずった状態に持ち込むためには、排外主義的なナショナリズムの亢進は不可欠である。だから、安倍自民党は中国韓国を外交的に挑発することにきわめて勤勉なのである。外交的には大きな損失だが、その代償として日本国民が「犠牲を払うことを厭わない」というマインドになってくれれば、国民国家の国富をグローバル企業の収益に付け替えることに対する心理的抵抗が消失するからである。
私たちの国で今行われていることは、つづめて言えば「日本の国富を各国(特に米国)の超富裕層の個人資産へ移し替えるプロセス」なのである。
現在の政権与党の人たちは、米国の超富裕層に支持されることが政権の延命とドメスティックな威信の保持にたいへん有効であることをよく知っている。戦後68年の知恵である。これはその通りである。おそらく安倍政権は「戦後最も親米的な政権」としてアメリカの超富裕層からこれからもつよい支持を受け続けることだろう。自分たちの個人資産を増大させてくれることに政治生命をかけてくれる外国の統治者をどうして支持せずにいられようか。
今、私たちの国では、国民国家の解体を推し進める人たちが政権の要路にあって国政の舵を取っている。政治家たちも官僚もメディアも、それをぼんやり、なぜかうれしげに見つめている。たぶんこれが国民国家の「末期」のかたちなのだろう。



太田氏は、なぜ安倍首相は日韓の批判に対して正々堂々となぜ参拝するのかを説明しようとしないのか、と問いかけている。だが、ネトウヨは中韓に対して説明をしようとすることがそもそも「反日」への許しがたい屈服なのである。なぜなら、中韓は日本にとって妥協しがたい「悪」であるからだ。このように庶民を追いこんでしまえばあとは簡単である。中韓に負けてなるものか。日本のグローバル大企業を国民等しく支えていく思想動員を簡単に書けることができる。ネトウヨは実はグローバリズムと親和的である。このことは、沖縄をめぐる昨今の2chのネトウヨの言動が教えてくれた。

だから僕は、太田氏の言動に対する極端な否定的反応に批判的な立場に立つ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/639-3428a800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。