わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林よしのりからのこのボール、護憲派はどう受ける?
小林よしのりは本日、「「『憲法96条改正』は立憲主義の破壊だ!」小林よしのりライジング号外」を発表し、改憲派の憲法破壊の知的不誠実とご都合主義を痛烈に批判している。

立憲主義の原理について、

そもそも憲法とは、国民大衆が権力者を縛る手段として存在するものであり、権力者の都合で安易に改正できないようになっているものなのだ。
それに憲法は他のすべての法律を規定する特別な法律であるから、その安定性はある程度、確保されなければならないのも当然なのである。


と真正面から擁護している。さらに、昨今の改憲の動きについても強い批判を持っていることがうかがわれる。単に手法がなっていないから批判しているのではないのだ。「イラク戦争の総括ぬきで、自主防衛の目標もなく、改憲のみに執着している安倍政権・橋下維新の会や、自称保守派の思考停止」と痛烈に批判している。そして、

他にも自民党の憲法改正案は問題だらけである。それも今後論じていきたい。


としている。

護憲派はこのボールをどう受け取るのだろうか。

----
「喜八ログ」さんが小林よしのり氏の立場に着目する記事を2007年に書いているのを発見しました。僕が記事「「ゴー宣・暫」 小林よしのり (SAPIO 2/14号)」で着目したものと同じ作品について、同様の感触を持った人はほかにもいたのですね。うれしい限りです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/620-566c9e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。