わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「護憲派」に問う。小林よしのりと手をつなぐ覚悟があるか
小林よしのりは「戦争論」を引っ提げて先の侵略戦争に対する認識の相対化を成し遂げた。だから護憲を掲げる人々のおおかたが、小林よしのりなどとんでもない輩だと思うのも無理もないところだ。

だが一方で、今日の「ゴー宣道場」で、小林よしのりは次のように発言している。

このイラク戦争の総括をしないままで、
自民党は憲法改正に突き進む。


「自衛権の行使」の解釈次第では、
日本はアメリカと共に
侵略戦争に突入していくことにもなろう。


これは反戦平和・現行憲法の護持
を唱える勢力の理論として、
否定できない部分である。


つまり、イラク戦争に対する日本政府の無反省な立場が示している通り、今日の「改憲論」の本質は、日本の独立自衛を目指すものなどでは決してなく、自衛隊を米国の目下の従属部隊として米軍に組み込む道に他ならないと認識しているのである。
この小林よしのりの立場は、思い付きなどでのべられたものではない。
すでに2007年の初頭、著書「ゴー宣・暫」において、小林よしのりはこう述べた。

9条が改正されていたら、米英軍と一体になって侵略者の汚名を着たはずだ。イラク人を何人殺し、日本兵は何人殺されたことか?・・・主体性を完全に喪失した今の日本、日米同盟・絶対主義、アメリカ追従の日本では、憲法改正は米英と共に侵略戦争にも加担する「醜い国」をつくる契機になりかねない。


さらに進んで

憲法改正が「自主独立」のためでなく、「日米同盟の強化」のためのものであり、米国の属国化を進めるものならば、わしは「護憲派」にはならないが、「現時点での憲法改正に反対」の立場に回らねばならない!


と、憲法改悪反対の立場をも表明した。当時わにぞうもこの発言に着目し、記事にしている(「ゴー宣・暫」 小林よしのり (SAPIO 2/14号))。
本日「ゴー宣道場」で表明された見解は、当時からまったくぶれることなく保持されてきた確固たる見解である。やはり大した言論人である。

護憲を掲げる勢力に呼びかけたい。本当に憲法9条を守ろうとするのであれば、小林よしのりを敵に回し、あるいは傍観者にとどめてはならない。
そしてわにぞうの認識によれば、小林よしのりが賛同を寄せる、この「反戦平和・護憲の理論として、無視できない部分」こそ、今日の情勢下、最も大きなウイングを広げる可能性を持った反改憲の論点である。
まさに、「現段階における改憲問題をめぐる本質はどこにあるか、僕の思うところを端的にいうと、アメリカが自衛隊を米軍に接収して世界中の侵略戦争に連れ歩こうとしているのを許すのかどうか、というところにある(上記ブログ記事より再録)」のだ。

小林よしのりはもちろん原理的には改憲派である。しかし、現時点での改憲には反対する立場に立ちうることがわかる。純粋な「護憲派」からすると、戦争を肯定するとんでもない輩かもしれない。だが、今日の安倍政権の下での改憲に反対するという一点では手を握ることが可能だ。それくらいの「驚天動地の」「国共合作」が演出できれば、流れは大きく変わるだろう。編集長の本「憲法9条の軍事戦略」も、こういった共同を補強する役割を果たす護憲派からのアプローチの一つとして重要な書籍だ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/615-54b5aa98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。