わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベノミクスの多面性
アベノミクスについては3つの矢でまとめると理解しやすいようです。
金融緩和→公共投資→成長戦略
ここについては、東田剛の記事「アベノミクスが危ない!」が参考になります。以下基本的にこの記事に基づいてまとめてみます。
現在はその一つ目の「金融緩和」の段階。インフレ傾向になり、円安と株高が実現します。実際そうなっています。
次に公共投資を発動すると、内需が拡大に結び付くことになります。ここについては藤井聡の記事「2本目の矢」が参考になります。この公共投資が相当重要です。ここにブレーキをかける動きはすでに政府の中で胎動(というよりも闊歩)していて、「産業競争力会議」とか「経済財政諮問会議」とかといったものです。
さて、そうするとどうなるかというと(東田さんによれば)、

これで矢は、金融緩和と成長戦略(構造改革)の二本になる。

内需が拡大しなければ、金融緩和で流動性が高まったマネーは、資産市場に向かい、株価は上昇します。
これで、グローバル資本は、ウハウハ。
でも、日本国民の給料は上がらないまま。格差は拡大しますが、これこそ「頑張った人が、報われる社会」の実現だというわけで、産業界やマスコミは、
「アベノミクス」を絶賛。


アベノミクスに関する本質的な批判はここに踏み込む必要があるだろうと思います。金融市場を実体経済に接続するルートをどのように作るかあるいは流産させるか。アベ政権の下ではこの綱引きが行われています。
批判する際にこの綱引きを等閑視し、あるいは見て見ぬふりをし、外野=安全なところからの批判に甘んじていいのだろうか? 野党にはこの点をよく考えてもらいたいと思います。
東田さんは以下のような本質論まで披露してくれています。

先の総選挙で、自民党は、「日本を、取り戻す」というスローガンを掲げました。
ところが、取り戻されようとしているのは、「小泉政権下の日本」のようです。
いや、民主党から日本を取り戻して、アメリカに渡すということだったのかな?

読者の皆さん、こうならないようにするには、どうしたらよいか、考えてみてください。


このメッセージは大切にしたいと思う。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/614-cf53da34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。