わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内田さんから「学校教育の終わり」のお知らせです
タイトルのフレーズには一つの既視感が張り付いている。そう、中野剛志の情熱大陸動画「ルール策定は政治力で決まる 米韓FTAよりひどいTPP交渉となるだろう」のニコ動での紹介タイトルである。そこには「中野剛志さんから日本終了のお知らせです」とあった。TPPにのめりこむ日本の状況を解説したものであった。今度は内田さんから、日本の学校教育の終わりのお知らせがあった。先を見通せる人々からは、そういう状況に現代の日本はあるのだということだろう。
内田さんが「学校教育の終わり」のなかで、日本の学校教育になぜ終わりが来たのかについて、以下の通り解説している。ほぼこれに尽きている。

近代の学校教育が「国民国家内部的」な制度である以上、学校教育の衰退が国民国家の衰退と歩調を揃えるのは当然のことである。


教育制度は教育基本法において日本の国民を作るために教育を行うと書いてある。だが、この国家の目的そのものがグローバリストに簒奪された。そのため、日本の国民を作ることの目的は公民を作ることではなくなり、そしてそうなって相当の年月がたったということである。
内田さんがずっと喝破してきたとおり、このような状況を内面化した子供たちが下流化するのは実は理の当然なのであった。そして、いかにグローバリストの目的たる国家の目的に沿う教育改革を行うのか。そのことに血道を上げてきたのがこの間の経過である。

繰り返し言うが、学校教育は国民国家内部的な「再生産装置」であり、ほんらい自己利益の増大のために利用するものではないからである。
残念ながら今の日本の支配層の過半はすでにグローバリストであり、彼らは「次世代の日本を担う成熟した市民を育てる」という目的をもう持っていない。


公教育にはすでに公の矜持は失われた。学費の受益者負担原則がそれを裏書きしている。

それがまた蘇るだろうと私は思っている。隣人の顔が見え、体温が感じられるようなささやかな規模の共同体は経済のグローバル化が進行しようと、国民国家が解体しようと、簡単には消え失せない。そのような「小さな共同体」に軸足を置き、根を下ろし、その共同体成員の再生産に目的を限定するような教育機関には生き延びるチャンスがある。私はそう考えている。そして、おそらく、私と思いを同じくしている人の数は想像されているよりずっと多い。


同意できる。共同体に教育は何ができるのか。この公の矜持を取り戻すしかないのだろう。だがこの部分に関してもグローバリストの側の教育改革は触手を伸ばしているはずである。たとえば具体的には、COC(Center of Community)の役割を大学に持たせようとしている。この内実は何か。そこをよく見極める必要がある。

何はともあれ僕は公的な教育機関で教育に携わっている。僕は教育機関は国家の有権者を作るほんとうに大切な役割を持っているという教育基本法の骨格としての理念を大切にしたい。国家がいかにグローバリストと多国籍企業に簒奪されようとも、直接的に責任を持つ日本の国民に対して忠実に、本当に地域で必要とされる人を作ること。さらに、地域を公を支える者に内側から変えていくことをめざし、国家の側からの教育改革プランの逆手を取って、本当にやりたいことをやり遂げていく動きを作りたいと思う。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/612-1ada65d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。