わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広原盛明さんの問題意識
かつて京都市長選挙で大善戦をされた広原盛明さんが、「リベラル21」というブログで総選挙に対する思いをぶつけておられる。革新政党の危機意識のなさを指摘し、

私はこれまで度々主張してきたように、この危機的状況を乗り切るためには社民党・共産党など既成革新政党がそれぞれの独自路線にもとづく闘争を展開してもその効果は限定的であり、広範な護憲勢力が結集する“護憲第3極=反ファッシズム統一戦線”の形成以外に危機打開の道はないと考えている。その具体的イメージをいまこの場で具体的に提案できないのは残念だが、しかし“護憲第3極”形成に至る道は複雑であり容易でないことを思えば、取りあえずその議論を始めることが“護憲第3極”への第一歩であると確信する。


と主張されている。よくわかる面もあるが、まだまだ狭いと僕は思う。意識的に護憲を掲げる者のみを対象とし、それ以外の中間派を敵あるいは傍観者に回してはならない。広原先生のような見識ある護憲・リベラル派の方々と手を組んで進みつつももっと大きなウィングを持った共同を広げることで、広原先生の主張も力を持ってくるのではないだろうか。

これは大西広慶大教授(中国経済)から示唆されたアイデアであるが、中国共産党は盧溝橋事件突発を契機にして国民党に「抗日全面戦争」を呼びかけ、“国共合作”を成立させて日中戦争に勝利した。中国国内では激しい戦争状態にあった共産党と国民党が互いに連携してはじめて、日本軍国主義による中国侵略に対抗し得たことは教訓的と言える。“護憲第3極=反ファッシズム統一戦線”を形成するためには、日本の革新政党は“国共合作”に匹敵するぐらいの政治決断を求められるのではないか。


国共合作に匹敵する政治決断。というくだりはその通りだと考える。だが、この政治決断はおそらく、護憲リベラル派にも求められていることだ。護憲連合を国共合作になぞらえる枠組みは実はまったく違うと思う。国共合作とは、国民主権を守るための協同だ。グローバリズムと多国籍大企業・米国の支配に反旗を翻し、日本人のための政府を作ることが大切だ。多少居心地が悪いかもしれないが、ちっとも「リベラル」に見えない人々や、改憲の志向を持つものとも積極的に対話し、共同できる課題を掲げるべき時期に来ている。憲法に関する休戦を必要と感じさせるだけの説得力を我々が持って。軍隊を持つか否かの原理にこだわればこだわるほど狭くなる。護憲の協同は重要だが、多数を握るには決定的に狭い。
編集長(松竹さん)の仕事「九条の軍事戦略」はここに風穴を開けようというものだ。この試みが間に合うことを切に願う。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/611-0a9a4e42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。