わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP交渉参加表明は公約違反である
レトリック(rhetoric)である。
TPP参加には非関税障壁の撤廃やISD条項をてこにした日本の主権の制限をはじめとする深刻な問題があり、日本の国益にそぐわない。ところが、安倍首相はTPP参加をすぐにも表明しようとしている。TPPを関税の問題に閉じ込めるとともに、自由化に例外があるかどうかに矮小化し、日米共同声明を歪曲し、例外が認められる可能性がないことはなかったことにする一方、その些末なあやしい「勝利」を全面勝利であるかのようにマスコミに描かせ、世論は誘導され、参加表明に至ろうとしている。
例外が認められる可能性自体が怪しいものだが、「例外がある可能性があるかどうか」をなぜ我々はメルクマールとしなければならなくなったのか。こんなマスコミの誘導的問題設定をけとばせ。「例外があるかどうか」とはつまるところ、大部分の完全自由化の容認だ。また、「可能性があるかどうか」はつまるところ、わずかでも不透明な要素があれば満たされる事実上無意味な条件だ。
レトリックだ。下手な部類の。

もともと自民党のTPP問題の公約は「例外がある可能性があるかどうか」ではなかった。

自民党HP「TPPについての考え方」

・・・こうしたことを踏まえ、わが党は、TPP交渉参加の判断基準を明確に示します。

(1)「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り交渉参加に反対。
(2)自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
(3)国民皆保険制度を守る。
(4)食の安全安心の基準を守る。
(5)国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。
(6)政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる



こうして自民党のTPPに関する対抗政策の柱とされたISD条項に関しては争点の矮小化により一向に報道されない。かん口令が敷かれているとしか考えられない。

面白いことが分かる。googleで「TPP ISD」でニュース検索をしてみることをお勧めする。

朝日・毎日・読売・産経のどこにも、この両方を同時に含む記事はひとつもひっかからない。引っかかるのはほぼ二紙のみ。しんぶん赤旗と日本農業新聞である。

ISDがお隣韓国で猛威を振るい始めているにもかかわらず。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/600-eb046259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。