わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国防軍の設置・改憲への動きは「陽動作戦」かもしれない
改憲を恐れる向きが多い。だが少し良く考えたほうがよい。改憲さえされなければいいのかどうか。

改憲はせずとも、集団的自衛権の行使を認める方向での解釈の変更が行われたらどうか。日本は米軍の戦争に大手を振って同盟国として参加できることになる。もしこれがイラク戦争以前に達成されていたら、自衛隊は他国の軍隊と同様に、殺し殺される関係を現地で余儀なくされただろう。

編集長の冒険「集団的自衛権─批判のために(序文・中)」より引用する。

要するに、自民党と安倍首相は、憲法改正が実現できるかどうかにかかわらず、集団的自衛権の行使だけはやりたいと願っているのである。国防軍の設置、あるいは憲法改正よりも、集団的自衛権の行使の方に、より緊急性があることを認めており、それを実現するためなら、どんな手段でもいとわないというのが、彼らの真意なのである。



改憲などせずとも、米国の要求に従って自衛隊を米軍の子分として世界に派遣することは可能である。これは、最初の安倍内閣時の「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の結論であったことに留意するようお勧めしておきたい。また、現在の米国支配層の意向でもある。日本の国民主権の確立を望む立場から安倍内閣に改憲への期待をかける人々には特に。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/594-20760e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。