わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集長:九条の軍事戦略
編集長が最新のブログで「九条の軍事戦略―日米同盟化の国防軍構想への対案」を来春に出版することについて報告している。ひとつ前の記事でもふれたように、選挙にあたっての護憲派の軍事費に対する対応には僕はかなり問題を感じている。すなわち、国民多数は軍事戦略にも深刻な関心を抱いているのに、護憲派はそこにまったく無頓着に見えるということだ。
今回の選挙でも護憲派は壊滅的な結果に陥った。かといって、改憲して軍事だけに依拠していけばよいとかんがえる国民は少数だ。だから大切なことは、その間を正しく埋める作業だ。この中心問題に編集長は挑もうとしている。
編集長は言う。

私は、尖閣における日本の主権を維持しつつ、同時に中国との協調をも実現するような軍事戦略は存在すると思っている。そういう選択肢を国民に提示することが求められていると感じている。

 安保強化の軍事戦略に対しては、外交戦略を提示することこそが護憲派の役割だという立場もあるだろう。私もそれには賛同する。しかし、これも第一章で解説するように、国民多数は、外交の大事さは百も承知しているが、軍事力についても必要な場合があると認識している。そういう国民の目からみて、護憲派というのは軍事というものを全否定する勢力だと思われてしまっては、護憲の主張がひろがることも難しいように感じる。



ここに誰かが挑まなければならない。出版と普及を楽しみにしている。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/585-58fb2005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。