わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総選挙の結果について考える
思ったより民主への揺り戻しが見えにくくなったが、小選挙区制の歪みの影響が影響している。自公の小選挙区での当選数は246議席で総議席の82%。だが、比例代表選挙での議席獲得率は約44%。圧勝という印象はない。しかしこの結果によって、新自由主義と官僚たたき、規制緩和、自己責任の原則を相も変わらず信奉し、国民主権の原則を理解せず、軍事をもてあそぶ危険な兆候を持つと思われる勢力が、自公・維新と国会のほとんどを占めるに至った。自民党の憲法改正草案は、立憲制度の根本理念の深刻な変更(権力を縛る指令所という性格を失い、国民の約束事に変質)と、米軍の手先としての自衛隊の海外派遣を可能とする集団的自衛権の承認を内容としている。国民は決してこのような方向を意図したものではないのだが。理に基づく説得による教育から、権威による規範の押しつけによる教育への重大な理念の転換も懸念される。重大な時代に入ったことは間違いない。

一方で僕は共産党の得票の伸びに着目をしてきた。しかし、今回得票を減らしたものと思われる(得票率が下がったなかで比例代表の議席数を減らしたのだから間違いないだろう)。社民や未来など、いわゆる「サヨク」の壊滅的敗北の下でのこの程度での踏みとどまりは、独自の政策的探求の効果だろうと思う。しかし、新たに支持を広げることはできなかった。従来の枠内での政策的訴えでは、結局のところ従来の枠内の支持にとどまらざるを得なかったのではないだろうか。

共産党のコアの政策は変える必要はないと思う。しかしながら、安全保障政策についても、原発政策についても、自然エネルギー政策についても、TPP反対の立場についても、防災についても、もっと広い人々に丁寧に語りかけ、影響を与える姿勢がほしい。さもなければ、支持の枠は大きくは広がらないだろう。

同時に、こういう大きな「風」に頼ることには限界があることも認識するべきだ。今回の結果を受けて、いよいよテレビ番組等からも少数政党の排除が進んでいるようだ。まぁいいではないか。国民の不利益を草の根で食い止めるための力をこそ本気で発揮していただきたい。この点での一層の工夫を期待したい。

この二つの方向の相乗効果が働き得るし、働かなければ困る情勢に否が応でもなってくる。これを生かせるか否かが問われている。例えば憲法の改悪を許したくないというのなら、小林よしのりくらい説得できないでどうするのか。由緒正しい軍縮派や平和主義者だけを相手にしていたのでは絶対に勝てない。今直面しているのはそういう戦いなのではないだろうか。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/584-45843aa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。