わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンクを訪ねて
以前訪れて関心をしたサイト「エリザベスのたわごと」があります。その時はよしりんの評価について意気投合をしたと思います。またのぞいてみると、中国の覇権主義的な対応については少し意見も違うところはあるけれど・・・
相変わらず共感の嵐の記事の数々。うれしいなぁ。柴山桂太さんは中野剛志氏の盟友です。いいですよね。

忘れないように記事を書いておきます。先方にもコメントを残しておきたいと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんばんは。記事にしていただいてありがとうございます。
最近はツイッターの貼り付けで、脈絡のない短文の羅列になっちゃってますが…(汗)。
わにぞうさんは、変わらずきっちりとした文章をお書きになり、硬派なブログを続けていらっしゃるのですね。

わにぞうさんも、中野剛志・柴山桂太氏に注目されておられるとのこと。
三橋貴明氏についてはいかがでしょう?
中野氏と共著も出しており盟友のようですが、最近、三橋氏は脱デフレの経済政策を唱える安倍総裁をイケイケドンドン、デフレ推進の八策を唱える維新との連携については沈黙。そもそも自公推しだなぁと思っていたのですが、ここへ来て胡散臭さが現れてきたなぁと。
  
ちなみに中野氏は反維新、反TPP、脱デフレ、原発推進(というより、エネルギー・安全保障・食糧を外国に依存すると、永遠に自立できない国家となる、という主張のようですが)。私は基本は脱原発、だが脱原発派には胡散臭い再生エネ外資利権が絡んでいるし、紫陽花革命とやらのデモも、脱原発シングルイシューは反政府運動に蓋をするためのミスリードラベリングと考えています。
【2012/09/28 03:42】 URL | るずこん #- [ 編集]

中野氏の原発推進論
るずこんさん。ありがとうございます。

> わにぞうさんも、中野剛志・柴山桂太氏に注目されておられるとのこと。
> 三橋貴明氏についてはいかがでしょう?
> 中野氏と共著も出しており盟友のようですが、最近、三橋氏は脱デフレの経済政策を唱える安倍総裁をイケイケドンドン、デフレ推進の八策を唱える維新との連携については沈黙。そもそも自公推しだなぁと思っていたのですが、ここへ来て胡散臭さが現れてきたなぁと。
三橋さんはあまり読む機会はなくて、評価をするに足るだけの材料がないのですが、明確な社会科学的な核を持っている中野さんの主張に比肩できるだけのものがあるのかどうかは少し疑問に思っています。

> ちなみに中野氏は反維新、反TPP、脱デフレ、原発推進(というより、エネルギー・安全保障・食糧を外国に依存すると、永遠に自立できない国家となる、という主張のようですが)。
私自身は以前より原発には反対の立場でした。でも、中野氏の原発必要論については、誠実に対応をして反論を構築する、あるいは接点を探る必要があると考えています。この立場から原発問題に対峙すれば、きっとどんな問題にも対応できる強靭な脱原発論を構築できるのではないか、と思います。

> 私は基本は脱原発、だが脱原発派には胡散臭い再生エネ外資利権が絡んでいるし、紫陽花革命とやらのデモも、脱原発シングルイシューは反政府運動に蓋をするためのミスリードラベリングと考えています。
私の職場のある身近な先輩も、脱原発の立場が明確な人です。でも彼は、福島の状況に落とし前をつけないまま原理的な主張をする者たちへの強い反発があると言います。この姿勢に僕は大いに学ばされました。中野氏が最も我慢ならないのは、結局のところ今日の事態を脱原発の立場に利用しようとする、さらには「左翼的」な主張に利用しようとする、意識的・あるいは無意識的なあざとい姿勢なのではないかと思うのです。今必要なことは、原理的に原発推進か脱原発かの空中戦をすることではない。いったい福島の事態に深刻な反省をしているのかどうかが問われているように思います。
福島の事故は実は原発の技術的な限界を示しているわけではありません。中野氏も主張しているように、事故に至った経緯が証明している通り、十分な注意を持って安全性に注意を払っていれば発生しなかったはずの事故だからです。福島の事故は必ずしも原発技術の不可能性の証明には直結しません。
それに現実問題として、通産省の官僚たる中野氏に、TPP反対のみならず、反原発まで唱えてしまえというのは、あまりに無理な要求なように思えます。彼の原発推進論は独特の論理構成をもっています。「反原発」という現実の流れに力を得ているかのように見える主張が、結局のところ現実政治の上では十分な影響力を持ちえず、推進派と反対派の固定対立的言辞空間に回収されてしまうのはなぜなのか。ここを探る重要なヒントとして読みたいと思うのです。
【2012/09/28 22:32】 URL | わにぞう #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/538-3629ab6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。