わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覇権主義国への対応
日中関係の冷え込みが報じられている。
中国の対応は無法である。領土に関する争いは冷静に道理を持って対話の中で解決をすることを重視すべきだ。周辺のその他のいくつかの領土がらみの問題に対する今後の対応方法を規定する問題であるので、安易に妥協的対応をするべきではない。日本はなぜ尖閣諸島の領有に根拠があると考えているのか、中国側の主張にどのような問題があるのか、今回のやり方はいかに覇権主義的対応なのか、繰り返し徹底的にあらゆるチャンネルを使って主張を伝える必要がある。中国国民の良識には必ず届く。
今回の問題の本質は、覇権主義的大国の横暴に対していかに対応するかである。中国の権威を振りかざせば、あるいは経済的地位を振りかざせば、自国民に偏った情報を与えて焚き付ければ、周辺国との領土に関する問題も自国側の優位に展開するという思惑である。国際社会の良識に依拠し、覇権主義は通らないことをきちんと確認すべきだ。この不安定な時代を迎えて、覇権主義に力を与えることは、21世紀の歴史を考えたときにきわめて危険である。

(「国際社会の良識」などと書くと必ず「お花畑」だととらえる人がいる。だが、国際社会に一種の「花畑」すらないと主張することは、現実主義に立った強い主張をしているように見えて、実は力の弱い国が生き残ることができない弱肉強食の世界をあきらめて受け入れる敗北の主張なのだ。)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/536-fd68cc30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。