わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国における「反日デモ」
尖閣諸島問題について、中国で反日デモで一部が暴徒化。商店や工場を破壊して憂さを晴らしているらしい。これについていくつか言っておきたい。

まず尖閣諸島に関しては中国側の主張には説得力がない。もちろん、国内向けの宣伝は説得力があるようにして伝えているのだろうが、伝えるべきことを伝えず、捻じ曲げて事実を伝え、日本からの反論を伝えなければ、いくらでも「説得力のある主張」は可能だ。その上で中国の反日がデモがある。中国当局の情報に踊らされているという見方もできるかもしれない。
これに対して、日本国内での「やり返し」を主張するバカ者もいるようだが、これをやったら同レベルに落ちるだけである。日本社会はそのようなバカ者がいたら社会的な批判と法の裁きを加え、中国当局の現状との違い、また民度の違いを国際社会に見せつけるべきである。中国国内に滞在する日本国民や日本企業の安全を守る責任を果たすことができないとすれば、中国政府の国際社会における信頼は失墜するだろう。
中国国内での政府側の領有権の説明について、日本の一方的侵略の問題として、歴史問題と絡めて尖閣諸島の領有権主張の援軍としようとしているとするなら、歴史の冒涜も甚だしい。侵略戦争の反省を、新たな自らの覇権のためのネタにする? 戦時中の中国国民の塗炭の苦しみをなんだと考えているのか? 日本国民の苦渋の反省をどう受け止めているのか? 国民にウソの情報を植え付け、他国への暴力的圧力に利用するなど、最低の国家である。このような立場を平然と続けるのだろうか? 事態を注視したい。事情によっては中国政府の評価を、世界の最低ランクに落とさざるを得ないだろう。

今回の事態について、石原慎太郎の行為や、その後の日本政府の対応についての批判をする者もいる。朝日新聞も、この機をとらえて石原都知事や日本政府の対応について突き放したような社説を載せている。それは確かに人気取りだったり、選挙目当てだったりといった面はあるのかもしれない。だが、尖閣諸島が日本の固有の領土であることを改めて主張した都知事や日本政府の行為を非難するのはおかしい。今回の件で最もおかしいのは中国政府の尖閣諸島への領土的野心であり、日本の説明にも耳を貸さない頑迷さであり、ゆきすぎた反日教育であり、言論統制であり、日本人や日本企業の安全確保の責務をサボタージュする対応である。
また、報道を見ながら、日本人の反中意識を植え付けようとするプロパガンダだととらえる者もいるようだ。何を反中とするかまずは明確にすべきだ。後でも述べるが、重要なことは、中国国民を敵視することではない。中国政府の対応をみきわめ、事態によっては痛烈な批判を加えることだ。中国政府に対して「何をやっているのか」と怒りを持つのは、植え付けるも何も当然の反応である。自国の国民に事実を捻じ曲げて伝えて領土的野心を果たすために利用して暴力的行為をするように仕向け、その巨大となった経済・軍事力を背景に脅しをかけるなど、最低の国家のやり方だ。これに対しては胸を悪くして当然だ。もしこれに怒りを覚えないとすれば、当人は「進歩的な」立場に立っているように思い込んでいながら、何か重要な民主主義的感覚が麻痺しているのだ。

日本人は尖閣諸島の領有権を引き続き堂々と主張すべきである。領有の論理は明確である。理論の面で国際社会での広範な合意を取り付ける必要がある。少なくとも米国には「どっちつかず」の対応は改めさせるべきである。
領海の審判があれば、警察力や海上保安庁の力をもって、毅然と対処すべきである。もし万が一領土的侵略があれば(これは無理筋であり、中国政府に理性があるのであればやってこないだろうと断言できるが)、必要最小限の軍事力、同盟関係を活用し、国際社会を味方につけて、それを撃退する必要がある。
また、中国政府と、中国国民の反日デモや暴動とは切り離して考える必要がある。暴動を鎮める責任を中国政府に果たさせることをこそ求めるべきである。中国国民はその歪んだ正義を植え付けられて(あるいは鬱屈した社会への怒りを「反日デモ」という形で発散さえるために)、行動をしている(させられている)のである。中国国民そのものを敵と扱うことは中国政府のあやまった挑発路線を利する。ましてや、日本に滞在する中国人や中国系の商店等に「仕返しをする」などもってのほかである。これこそ、日本を中国と同レベルに引下げ、窮地に追いやる売国的行為であることを肝に銘じるべきだ。

日本の将来のために、今期待をかけている左右の諸党派にも言っておきたい。この事態に対する対応いかんでは、これからの国際社会に対応する能力がないものと断ぜざるをない。また、事件の発展とその対応次第では日本国民の不必要な鬱屈を増幅させ、制御不可能な「本当に偏狭なナショナリズム」を立ち上げることになりかねない。これからの機敏な対応を注目している。

#追記(2012.10.06)
『しろちゃんブログ』「愛国教育のつけ」というページを見つけた。中国の「愛国教育」の問題について、実感にもとづく記事を見つけた。抑制が効いているいいページだ。トラックバックを送っておく。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/531-6e56eead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。