わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「苦慮」について
NHK「日中関係対応に苦慮か?」
中国は対抗措置も辞さない対応。日本政府はこまりましたねえ。どうするんでしょうねえ。という報道だ。
これは事実なのでしょうけれど、尖閣諸島の領有を主張する限りこういう展開が生じることは予想されていたことであって、対応が難しいことはだれでも分かること。「苦慮」という表現には、「まずい対応をして行き詰った」というニュアンスがある。「客観的な報道が必要だから、ここは政府を突き放して・・」ということで奇妙なニュアンスを加えたのだが、政府は苦慮しているのではない。政府は中国の強硬な姿勢を注視しつつ必要な対応を考慮しているのだ。立派なミスリード、誤報のたぐいだと思う。
日本はともかく領有権を科学的に主張をしつつ、粛々と対応をすればよい。無理を通そうとしてきたならそれをひとつひとつ批判していくことだ。
「そんな対応は無意味。現実は甘くないよ」? いえいえ。国際社会はお花畑ではないけれど、ただの弱肉強食のフィールドでもない。無理は通らないものだ。軍事行動? どれだけ中国への信頼を傷つけるか。この国際社会の監視に依拠しないから、軍事行動などの極端な対抗措置を必要以上に恐れることになる。

このような中国の覇権主義的な対応と、中国国民の反日デモ等とを結び付けて報道するが、われわれは中国政府の対応と中国国民の動きを切り離してとらえる必要がある。中国国民は偏った情報のもと、正義を信じて行動をしているのである。我々はなぜ中国政府が誤った対応だと言えるのかを繰り返し主張をしていくしかない。インターネット時代である。少しずつ情報は伝わっていく。我々が日本政府やマスメディアに疑念を抱いているのと同様に、中国国民も自国政府とメディアに批判を持っている。反日デモがなくなることはないだろう。だが、情報の拡散は、反日デモの数や勢いを減らすのに役立つだろう。もしわれわれが「日本国民対中国国民」の構図に立った言動をすえば、それも先方に伝わっていく。どういう効果を持つかは明らかだろう。本当に苦慮することになる。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/529-7757408a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。