わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まともな報道は褒めましょう
TPPでは横並び、バスに乗り遅れるな式の報道ばかりが氾濫しているが、報道ステーションは「ちょっと待て」と、流されない姿勢を示したらしい。「ゴー宣道場」のトッキーの記事から、よしりんの報道ステーションの報道を評価する発言を紹介。

報道ステーションの
TPPの伝え方に変化がありました。


TPPとは「突然、パット出た、プラン」
とかなんとか茶化した言葉を紹介したり、

「バスに乗り遅れるな」式の拙速性を
警戒する伝え方に変わってきています。


韓国はEPAもFTAも時間をかけて
関税撤廃の例外規定を決めたりしてきて、
ここに至った。


日本はアメリカにせかされて
来月までにというやり方でいいのかと
警戒心も伝えていました。


朝日新聞の、とにもかくにも
話し合いのテーブルにつけという、

行き先もわからぬまま
「バスに乗り遅れるな」式の
社説とはずいぶん違います。

もっと国民がTPPについての
情報を知るべきであり、
考えるべきだという
古舘伊知郎氏の解説は、
この国が民主主義国家で
あるならば
真っ当なものです。


まったく同感です。ついでに、共産党の実にまっとうな一言を、同党による「TPPへの暴走を許さない国民的な共同をよびかけます――暮らし・食料・農業・地域経済を守るために力をあわせましょう」から。

野田内閣は、国民各層から厳しい批判を受けているTPP参加をなぜ急ぐのでしょうか。日米首脳会談でオバマ大統領が「参加を迫った」のを受け、野田首相は「早急に結論」と答えました。この会談について、成田憲彦内閣官房参与は、「オバマ大統領に米軍普天間飛行場移設もTPPも待ってくれとは言いにくい」「TPPは前向きなことをいわなければいけない」と首相は考えたと「解説」しています。国民の生活や食料、経済、貿易をどうするのかについて、まともな考えも、展望もなく、日米同盟に「波風」を立たせないという思考だけで、TPP参加への暴走をしているのです。
アメリカの顔色をうかがって、「国のかたち」を大きく変えてしまうような大問題の結論を急いで出す――これは「亡国の政治」以外の何ものでもありません。
<略>
風雲急を告げる事態を迎えたいま、これまで広げてきたTPP参加反対の一点での共同を、党派をこえて、急いで大きく、力強くすすめ、野田内閣の暴走を押しとどめようではありませんか。


本当に党派を超えた共同を構築したいところです。自衛隊・憲法に対する態度はもちろん、原発に対する態度も、天皇制に対する考え方も、農業の将来の展望に関する立場も障害にしてはなりません。TPPストップの大きな流れを作る必要があります。共産党がどこまでこの問題で翼を広げる覚悟を見せるか。それを国民も見ています。
共産党のアピールは、TPPの本質に迫るものです。

TPPに日本が参加すると、アメリカと日本だけで「参加10カ国」全体のGDPに占める割合は91%にもなります。TPP参加は、環太平洋諸国、アジアに向かって「開かれた国」にするのではなく、経済主権、食料主権を投げ捨て、経済面でもアメリカの属国になる道にほかなりません。


これまた同感です。本当の左翼はこうでなければなりません。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/477-9d651bbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。