わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近聞いている音楽
YouTubeでいろいろな曲を聴いている。
FUNKY MONKEY BABYSの「あとひとつ」
浜田省吾の「J.Boy」「路地裏の少年」
ゆずの「飛べない鳥」
・・・なんだかえらく「青い」なぁ。
そして最後にUAの「水色」

最後の「水色」は、映画「バウンス ko GALS」のエンディング曲であるが、僕はこの曲の前奏と歌の合間のごく一瞬の静寂にいたく感動した。この静寂をエンディングの舞台回しに見事に利用した演出にも脱帽だ。映画もすごく好きで、古ビデオ屋で見つけて買い込んであるほどである。題名から連想されるように、夜の街を舞台とする女の子たちの物語なのだが、そのハートはまさにハードな友情青春物語なのだ。桃井かおりが劇中で言っているように、まさに「由緒正しい熱血美少女」たちが主人公だ。おすすめである。
備忘のために。この映画の音楽を担当したのは「めいなco」というグループである。映画音楽を非常に手広く手掛けているようだが、「水色」のクオリティーは本当に高い。

さらについで。
映画音楽でいうと、「銀河鉄道の夜(アニメーション)」のエンディングもいい。ジョバンニが銀河に人生への誓いを立て、その視線を手元の牛乳へ転換。踵を返して家へ牛乳を届けに駆けだす瞬間の静寂を、このエンディングも演出している。「静寂」は重要なのである。

「銀河鉄道999」の劇場版のエンディングも印象的だ。ちょうど僕は高校を出て大学入学。初めての一人暮らしの下宿生活を始めるために実家を出る前日。この映画をテレビで観た。未来への期待と不安の混じった胸の戦慄をかきむしるようなラストシーンは今でも忘れられない。
城達也の万感の語り・間・汽笛の音・間・ゴダイゴのエンディングテーマ。ここでも「間」が絶妙なのである(2つ目の間は少し短い!)。ここに持っていく999の出発シーンもいつみてもいい。

エンディングテーマで泣かされるのはかつてのジブリ映画たちである。特に「紅の豚」の「時にはむかしの話を」と、「平成狸合戦ぽんぽこ」の「いつでも誰かが」はストーリーとマッチして心に響く。

さらにさらに。
おおたか静流の「ひがらがさ」から「Saja Dream」に行き着いたりする。「Saja Dream」は「鉄塔武蔵野線」の主題歌で、この曲で僕はおおたか静流にはまったのである。「鉄塔武蔵野線」もよかったけれど、実は同時に上映されていた(至福の取り合わせ!)塩田明彦の「どこまでもいこう」のほうが僕には印象が強かった。

こういうのは書いとかないと忘れていくからね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/443-4f62164a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。