わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ツ場ダムの負担はいかほど?
八ツ場ダムの建設を中止すると大変なことになる。今後建設に必要な予算は概算わかっていて(膨らむことはあるかもしれないが)、約620億円。ダム建設のためにこれまで関連都県が支出してきた負担金約525億円と、利水関係の負担金約1460億円の返還をしなければならない。すなわち、八ツ場ダムの建設中止の収支は、なんと+620-525-1460=-1305億円の負担増! それ以降の維持管理費を毎年約8億円と考えても、差し引き高くつくのではないかと、国交省は見ていると言う。その上、生活再建関連事業費最大約770億円の負担を関係都県が拒否し、国の負担がいっそう増えるかもしれない。本当にお馬鹿な政策! やっぱり官僚と自民党に任せなきゃね!
これは本当なのだろうか?

問題を整理してみよう。八ツ場ダムの建設予算と、関連都県の負担を見てみる。これまでの負担とこれからの負担(概算・予算に過ぎないが、まぁ正しいとしておこう)を表にする。出展は東京新聞のこの記事





国の負担関連都県の負担合計
これまで122519853210
これから??1390


上記の国交省の説明は、上の数字のうち関連都県の負担分1985億円が丸ごと国の負担となる可能性を想定している。この1985億円とは、国交省の説明のうちの建設関係と利水関係の負担金それぞれ約525億円と約1460億円の単純和である。考えてみればわかるが、ダム建設は国と地方がそれぞれさまざまな思惑からそれを望んで進めてきたものだ。いまさら「関連都県はただの被害者だ」とは言わせない。負担比率は責任比率でもある。その分の負担はお願いしないといけないでしょう。あ、でも国交省は地方は被害者だとおっしゃるんですね。じゃあ国が負担しないといけないですね。・・・これってなんかおかしくないか!?

百歩譲って関連都県に返還しなければならないと仮定してみよう。国交省の口ぶりだと、約1985億円がまるまる国民から失われたかのように見える。だが、これもよく考えてみれば、国民の一部から国民の一部への配分が起こったのに過ぎない。だからある意味で国民全体の負担は増えてなんかいない。より具体的に言えば、関連都県以外の道府県民から、関連都県に1950億円支払われたということで、国民全体としては差し引きゼロだ。
国とつるんで見通しの甘い合意のないダムを推進してきた都県に約1950億円がほかの道府県から支払われる。こんなのは不条理以外のなにものでもない。ありえない話だ。あ、でも国交省はかわいそうな関連都県に国民の血税をほいほいと支払うおつもりのようです・・・政権交代へのあてつけ? すねてダダをこねる子どもみたいなもんだ。

生活再建関連事業費約770億円の負担を府県が拒否すれば、それも国の負担になる、というお話はどうだろうか? これは、今後の負担の1390億円のうち、本体工事費約620億円を除いた(単純に引き算すればよい)約770億円をこれも丸ごと国が負担することになるケースを想定したものだ。だが、事業は中止されるのであるから、それによる負担は事業継続を前提にしたものと同じでよいはずがない。

こうして、建設中止のほうが継続よりも国民の負担が多い・・・というありそうもない印象操作をするための理屈には、やはり相当無理があるようである。

建設中止で困る可能性がある人びとは当然いる。こういう人びとはきっちり保障を求めればよいだろう。だが、外にいるわれわれは国の全体の視点から考える必要がある。「当事者の声」に単に怯んではいけないのである。われわれは当事者ではないのだから。地域に持続可能なてこ入れをするのであれば、効率的にさまざまな支援をすることは可能なはずだ。そういう方向で知恵を尽くすことこそが大切なんだと思う。

こういう検討をする気にさせてくれた東京新聞の記事は、以下の通り。せっかくなので全文引用しておきます。そのうちに消されてしまいますので。いい記事でした。

維持費数十年分<中止コスト 八ッ場ダム算用 国交省
2009年9月11日 朝刊

 民主党が建設中止を目指す八ッ場ダム(群馬県長野原町)が完成した場合、年間の維持管理費は八億?九億円と国土交通省が試算していることが、同省への取材で分かった。利根川水系上流域の既存六ダムの実績から概算したという。国交省は「数十年分の維持管理費を含めても、建設中止の方が高くつくのではないか」とみている。建設と中止のどちらが無駄なのか。ダムをめぐる議論が白熱しそうだ。

 国交省によると、既存の藤原ダム▽相俣ダム▽薗原ダム▽矢木沢ダム▽奈良俣ダム▽下久保ダムについて、二〇〇三?〇七年度までの五年で、年間の維持管理費を平均すると、八億三千六百万円だった。

 工法などが異なるダムもあるが、八ッ場ダム(貯水量一億七百五十万トン)の維持管理費を試算してみると、同じタイプで貯水量が一・二倍の下久保ダムの維持管理費(年平均九億一千七百万円)をやや下回るという。

 建設か中止かについて、国交省は、新しい国交大臣の判断に従う方針だ。ある幹部は「建設中止で治水、利水効果を放棄しても、建設費と数十年分の維持管理費の合計を上回る中止コストが新たに生じかねない。その問題をどう乗り越えるのか」と心配している。

 国交省の説明によると、八ッ場ダム建設を中止すると、ダム本体工事関連約六百二十億円は不要になるが、特定多目的ダム法で約千四百六十億円を利水関係五都県に返還する義務があり、差し引き約八百四十億円の新たな負担が国に生じる。

 これに加え、六都県から治水関連の直轄事業負担金最大約五百二十五億円の返還を求められたり、ダムを前提に建設する付け替え道路など本年度以降の生活再建関連事業費最大約七百七十億円の負担を下流域の都県が拒否したりして国の負担が増える可能性もある。

◆下流自治体『水源確保に影響』
 八ッ場ダムの建設推進派は、ダム下流六都県が支出した直轄事業負担金や、ダム完成を前提に五都県が取得した暫定水利権(利根川からの取水)を盾に中止撤回を主張する。主張は妥当なのか。異論もある。

 利根川の支流に建設中の八ッ場ダムは、水道用水供給や治水などのための多目的ダム。今年十月に本体工事に着手し、二〇一五年完成の予定だった。総事業費は約四千六百億円。残るのは本体工事と住民向けの生活再建関連事業の計約千三百九十億円だ。

 ダム下流都県は、二〇〇八年度までに執行された事業費約三千二百十億円のうち、治水関連で直轄事業負担金約五百二十五億円と、利水関連で約千四百六十億円をすでに負担した。

 下流自治体の知事らは「建設中止なら負担金の返還が必要」「中止の方が継続よりコストが高い」と強調。

 これに対し、ダム見直し派の市民団体「八ッ場あしたの会」の渡辺洋子事務局長は「各都県が事業に賛成して支出した費用で、国に返還義務は生じない」と反論する。

 建設中止で暫定水利権は失効する。暫定水利権の割合は、ダム完成時に供給される水量の約半分に及んでおり、下流自治体は「水道水や工業用水などの水源確保に影響が出る」と訴える。

 ダム事業を疑問視する「八ッ場ダムを考える一都五県議会議員の会」代表世話人の関口茂樹・群馬県議は「水は足りており、現在の水利権行政を改めれば、ダムを建設しなくても水利権配分は可能。生活に必要な水源の確保と、不要なダムの建設事業を早急に切り離すべきだ」と反論している。

◆中止公約に反発 住民協議会設立 推進派300人参加
 八ッ場ダム建設中止を掲げる民主党に反発する地元群馬県の住民や県議らが十日、事業継続を求める「八ッ場ダム推進吾妻(あがつま)住民協議会」の設立総会を同県長野原町で開いた。約三百人が参加し、町長や住民代表らがダムの必要性を訴え、中止撤回を強く求めた。

 同県の大沢正明知事は「関連都県や市町村へ相談がないまま、ダム本体工事の入札が延期されたことは言語道断」と国土交通省の対応を批判。長野原町の高山欣也町長は「中止はダム完成を前提とした住民生活を脅かす」と強調した。

 同協議会長に選ばれた八ッ場ダム水没関係五地区連合対策委員長の萩原昭朗さん(77)は「住民との約束を一方的に破ることは許されない」と憤りをあらわにした。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/393-8529cb60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。