わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袋小路の政策論
クローズアップ現代を見ていたら、民主党の経済政策について特集をしていた。子ども手当てや最低保障年金など、直接国民経済を暖める政策を紹介しつつ、一方で公共投資が減少することについて指摘。ここで経済の「専門家」が登場。
「国民に直接財政出動をする一方で、その分公共投資を減らすのですから、アクセルを踏みながらブレーキを踏むようなもの。効果はないですね」
的な発言をした。「経済学者ってみんなこんな感じなの? 馬鹿なの?」 と言いたくなる。このブレーキアクセル均衡「理論」と、財政赤字の是正の命題を掛け合わせれば見事に袋小路の政策論が。説明の必要なんにもないよね。国民はずっとこうやって自公政権に言いくるめられてきたのだ。
民主の政治家はきちんと反論をしていた。経済には「消費」「投資」「財政」「輸出」のセクターがあると。財政の振り向け先こそが大切なのだと。もうだまされないぞ。

[追記:2009/09/05]
専門家でなければ、国民の懐に直接財政出動する効果と公共投資の減額の効果のどちらが効くのかについて、「とっちなんでしょうね?」と悩むのはまぁ当たり前。だけど、専門家であれば、どちらが効くのかについての定見が必要となる。この「専門家」の場合、その両者の効果は、きっちり財政出動の額と同じ比例定数で比例するという「定見」がある。ということになる。この定見は科学ではなく、ほとんど信仰のレベルだと断言しておく。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/385-6c9694ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。