わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

選挙が終わりました
選挙が終わりました。政権の担い手は新しくなります。行き詰まりの打開のためにはいまどうしても変えなければならなかったと思います。最悪なのは、自公政権がずるずる続くことでした。ここで変化を作れなければ、世論の閉塞感は危険なレベルに達した可能性があります。今後民主党政権の下で、自分の身の回りについてもいろいろな変化があるでしょう。ひとつひとつ吟味していきたいと思います。

選挙の評価について最も面白いと思ったのは自民党の石破さんの分析でした。
J-CASTテレビウォッチ ワイドショー通信 スーパーモーニング 2009/08/31
「自民党、いつ「終わっていた」か 石破農相が分析」

「森総理の時に実は自民党は終わっていた。ところが小泉さんが「私がぶっ壊す」と出てきたが、そうはならなかった。国民はそれに対する失望感があった。一昨年(2007年)の参院選はまさしく今回を予言していたと思う。
もう1つ、4年前の小泉郵政選挙は勝ったように見えますが、地方では軒並み票を減らしている。表面の数におごったところがあった。私自身は敗北だったと分析してそこから選挙を始めたんです」


票数を急いで分析してみると(ザ・選挙が異常に便利)、確かに郵政選挙で比例得票率を顕著に増やしているのは、東京・南北関東・東海・近畿の都市周辺部です。ほかはさすがに票数では伸ばしているものの、率は減少しているところもあったほどです。この一瞬の突風は、改革へのフラストレーションを「郵政民営化」政策に誘導したことによって生み出されました。ところが、郵政を民営化しても(まぁ予想されたことでしたが)、国民生活も楽にならない。そしてそのまま、郵政のように説得力がある幻想の仮想敵を生み出すことができず(ないものは作れないということか)、無策なまま今回の選挙に突入したわけです。最後は「変えないから自民へ」というキャンペーンになりました。自民党は今回、負けるして負けたと言えるでしょう。
郵政選挙と今回の選挙との間に共通するものは何か? 結局のところ何かしらドラスティックに「変えて」くれそうなところにすがるという選挙民の行動です。これは国民生活の逼迫と相関のある結果でしょう。いかに「改革派」の位置に自らをおいた上でたたかうかが勝負を分けました。そして、小選挙区制という仕組みがそれを実体以上に強調しました。
さて、本当に民主は何かを変えることができるのかどうか? 見まもっていきたいと思います。


さて、個人的に注目の共産党は、全国で9議席にとどまりました。得票では2万票ほど伸ばしましたが、投票率が3%ほどアップしていますので、得票率は前回比で少し減少しているはずです。
東京都議会議員選挙で公明党との差をつめたので、今回東京でいよいよ抜き去るのではないかという大胆予測を立てましたが外れました。差も、都議選との関係では再び少し広がったようです。この点は残念でした。
ただ、社民党の全国的な票の減らし方を見ていると、共産党の踏みとどまり方は貴重ではありました。せっかくならもう一議席取り、志位さんの党首討論を見てみたかったような気もします。参議院選挙での10議席目獲得が次の挑戦機会になります。ぜひ身近に存在感のある活躍を期待したいものです。

[追記:2009/09/02]
どうして「大胆予測」が外れたか。逆に見ると、都議選での共産党の票はやはり伸びていたのでしょう。要因はやはり都議会では共産党が重要な野党であった(都議会ではやはり民主は実質的与党であった)ことに対する評価があったものと見るべきでしょう。東京に住んでいない僕にとっては、都議選当時の共産党による民主党批判がなんとなく歯がゆいものに見えたのですが、実はそれほどマイナス要因ではなかったということなのでしょうね。

[もひとつ追記:2009/09/02]
共産党の役割について期待している民主党のJanJan記者の記事がありました。今回の民主の政策の多くが共産党にオリジナルがあることについて指摘しつつ、「別個に進んでともに撃つ」という関係を提唱しておられます。その意味では、共産党のスタンスとしては、「民主のお手並みを見守る」では、いけないのかもしれませんね。少し積極的に、民主の政策の実現をバックアップすることが共産党には求められているのではないかと思いました。そういう動きができるかどうかも問われていますね。期待しながら・・・
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/383-4b01dcc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ