わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都議選から総選挙へ
自公政権の末期症状が日々明らかになるなか、思ったよりも早く昨日予想した方向への変化が始まった。きょう共産党の志位委員長が会見をひらき、自公政権が終わることについて、民主党政権になるにしても大きな前向きな変化であると明確に言い切ったようだ。今回はどっちもどっち論ではない。選挙後に民主党政権になることを展望して、建設的な野党として是々非々の立場でのぞむとしている。この文書がそれである。自公、民主連立ともに過半数に至らない場合も、自公政権の存続には加担しないという立場を明確にしたことになる。

小選挙区で共産党は民主党に遠慮しろ、と民主一辺倒ブロガーたちはいっそう勇ましくなるだろう。だが、そんな声を共産党は聞く必要はない。自公政権を終わりに導くこと、その後を考えると共産党も重要であることを諄々と説けばよいだろう。自公をどうしても落としたいが民主が危ないと判断すれば、有権者はそのように行動するだろう。小選挙区に誘導した責任は民主にあるにもかかわらず、多数を恃んで共産党などの少数野党を揶揄する民主一辺倒論者たちにはちょっと辟易している。

いずれにしても、今回の総選挙後は重要である。民主中心の政権ができた後どうするのか。このことを展望して僕らも少しずつ準備をしたほうがよい。実際、ここで共産党が吹き飛ばされているようだと、自民の一部を取り込んだ大連立なども大手を振ってまかり通りかねない。今回の自民「混乱」は、その布石かもしれない。公明も元の鞘に収まって、いったい何のための総選挙だったかわからない結果になる可能性も否定できない。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/371-8cefc86c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。