わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都議会議員選挙に関して2
昨日は前回の都議選との関係で議論したので、今日は前回の参院選との比較をする。今回の選挙に関するマスコミ報道を少々疑う必要があるように思う。

前回の参院選は2007年に行われた。東京都の表の出方(比例区東京ブロック)を見てみる。「自公惨敗。民主躍進。あおりを食った共産は吹き飛んだ」というマスコミ評価は正しいだろうか?

     2007    2009
自民  1539810 1458108
民主  2296556 2298493
公明   718202 743427
共産   554601 707602

自民党は確かに減らしている。しかし、激減とはいえない。公明党に至ってはかなり増やしていたりする。民主も確かに増やしているが、増加は2000票にも満たない。自公惨敗・民主躍進という評価は、相当変だ。前回参院選の流れがずっと変わっていないということだ。それ以降、民主はほとんど自公を追い込むことはできていない。安倍首相、福田首相の政権投げ出し、中川泥酔会見・更迭などの失態を自民党が繰り返したにもかかわらずである。この2年間で増加率が最も大きいのは共産だ。公明に迫る数を出している。
考えてみると、今回の選挙結果はあんまり不思議でもない。普通にしていれば、次の総選挙では民主が「躍進」するはずである。経団連も今回、自民・民主を等距離に扱うことを決めたようだ。民主党になったところで経団連も特に困ることはないのだろう。自民党の外国人労働者1000万人受け入れ計画について愕然として批判の記事を書いたことがある。ところがほどなく民主党もまったく同様の提言をしていたことがわかった。そのころから僕は民主党にはあまり期待する気になれない。
共産党については前回のエントリーで、十分増やしたとはいえないという面を強調した。でも、ここ2年の変化を眺めてみると、じわじわと浸透してきているという側面も否定できないことに気づいた。自公政権を終わらせることそのものに対するためらいのない肯定の念をなぜしっかり打ち出さないのか? という苛立ちもあるにもかかわらず。国政選挙となる総選挙に向けて戦略の見直しをするならば、公明を抜き去ることも可能かもしれないと思える増加率である。
ちょっと大胆かもしれないが、僕の都議選の見方は以下の通り。基本的に参院選の流れは変わらず。自公政権の終焉近し。じわじわと浸透する共産。そして、総選挙に対してのひとつの予測をしておく。共産党はおそらく「自公政権=民主政権」、どっちもどっち、という機械的公式を見直す。そして議席を増やすだろう。東京では今回公明を抜き去る。党首討論くらいには出られる議席を得るに違いない。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/370-05547169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。