わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして論争は水掛け論になるのか
憲法は守るべきか変えるべきか。中国は信頼に足るのかまったくの反日国家か。政府は大きいほうがいいのか国民の自己責任に任せるのがよいのか。どうしてあらゆる問題で人びとは水掛け論に沈んでしまうのだろうか。
グループAとグループBの間に妥協のできない異なった結論が対立し、最悪の場合は互いに結論を押し付け合う。その場合に対立するグループはどう見えるか。明白な事実を認識しようとせず、あるいは明白な論理を認めようとせず、時には謀略的な思惑から、あるいは悪意から、正しいことを正しいと認められないけしからん輩だ。ということになる。
でも、そんなに上記の諸問題は明確な結論が得られるような問題なのか? まず「単純な事実」すら、検証は難しい場合がある。たとえば中国政府や中国の人びとの本当の思惑なんてどうやってわかるのか? 可能性としては果てしなく邪悪な政府と邪悪な国民の塊かもしれない。可能性としては品行方正で平和を愛する人びとなのかもしれない。ここにおいて、さまざまな可能性の全体を視野に入れて、論争の全体を見渡せる資質が非常に重要だと思う。
今月の内田樹先生の新潮45の論文「言葉なき政治の貧困」に、わが意を得たりと思った一説があったので忘れないうちに引用しておきたい。

政策についての議論の目的は、ある政策についての国民的合意を形成することです。そして、国民的合意というのは「国民全員が同じ意見」であるということではない(そんなことはありえません)。・・・国民的合意というのは単一の命題のことではないからです。いつも申し上げていることですけれど、政策上の意見が対立するのは、ほとんどの場合「未来予測」が論者によって違うからです。・・・だから、論者それぞれの異なる未来予測の違いが、意見の対立になる。未来のことは今はわからない。だから、未来がどうなるかによって正否が変化するタイプの議論(すべての政論はそうです)について、現在「正解」を決定することは原理的にできないのです。
ですから、「私だけが『正解』を語っている」という主張をなすことは、それ自体が原理的に間違っているのです。


良心の問題としてはまったくそのとおりだろう。ことは時間軸ばかりではなく、空間軸に関していっても、良心同士のすれ違いが生じうる条件は山ほど転がっている。先日来「超左翼おじさんの挑戦」というブログを紹介しているが、このブログの魅力は、「右・左」という対立が生じる論点の全体を視野に入れながら、本当に大切な問題はどこにあるか見極めたいという意図を強く感じるからである。
ここで、「本当に大切な問題」とは何か。たとえば人間の良心を超えた経済や政治のメカニズムは存在するわけで、その意味ではニュートラルな理論の競合というモデルだけでは不十分だろうと思う。つまり、良心同士のニュートラルな、残念な対立を解きほぐしながら、本当に重要な対立をあぶりだしていくことが「大切な問題」なのだ。

内田先生の論文でもうひとつ紹介しておきたい。「蔓延する最適解マインド」というキーワードで、日本社会の病理を言い当てようとしている。このあたりも非常に共感をした部分である。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

次のようなイベントをやっております。
もしよろしければご参加ください。

4.28 パール判事の日本無罪論購入イベント
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/event/1240072811/

現在amazon3位です。

『パール判事の日本無罪論』(小学館文庫) 560円
http://www.amazon.co.jp/dp/4094025065
【2009/04/30 00:00】 URL | 田中 #- [ 編集]


内田氏の論考は概ね的を射ており好意的に読んでいます。しかしあくまで「読み物」としてということであり、解りやすい語り口で大まかに本質らしきものをつかみ出すのには長けています。ただ個別事象になると捕らえきれない問題もでてきますので、やはり社会科学としての立証が必要になりますね。
【2009/05/04 12:00】 URL | 望月至高 #- [ 編集]

ありがとうございます
連続してコメントをいただきました。うれしいですね。
田中さま、その本は一応持っており、それなりに読んでみました。まだまだ自分のなかに引き込んで理解をすることはできていないので、また別の記事で触れる機会をください。
望月さま、今回の問題に関していっても、意見の対立を生むひとつの重要な背景である、事実認定そのものに関する不確定性の問題を抉り出すのに成功しているのですが、そのような不確定性を利用しながら巧みにバイアスをかけてくる議論の存在を捨象しているように思います。
ただ、水掛け論を繰り返して満足しているような論調については、「右」だろうと「左」だろうと、しっかり考えてもらわないといけないと思います。
【2009/05/04 21:56】 URL | わにぞう #y7OAh7xc [ 編集]


この「ものいい」もポストモダン以降のもっともらしい言説ですが、こういう無限の価値相対主義に陥る発想はすでに失効していると思いますね。
これでは主体の責任など全く欠落してしまいます。内田氏が言うとおりだとしても、同時にあわせて、その時々に「正しい」と思った判断と選択をしている、というのも人間です。それは経験を通した「信憑」ということで、確かにその時点ではみんながほぼ「正しいよ」という到達点があるのです。この「信憑」性を抜きに人間の営みを信じられない価値相対主義はニヒリズムを蔓延させるだけです。
同じ現象学をベースにしているにもかかわらず、竹田清嗣氏などとこうも違うのはなぜでしょう?わたしは竹田清嗣氏に薫陶をうけましたがひうしたポストモダン後の価値相対主義のニヒリズムを克服する方法として現象学があるものと思っています。
【2009/05/14 17:39】 URL | 望月至高 #- [ 編集]

価値相対主義について
ありがとうございます。
内田さんの立論は価値相対主義的に見えなくもないのですが、僕はそうは受け止めませんでした。いま手元に論文がないので確かな言い方はできないのですが、むしろ不確かな事実認識はありながらも、過去の経験や信条などにきちんと依拠をして、ある結論を自分として選び取っているということが大切だと考えているのではないかと思います。特に政治的な問題になると価値観を含まない誰が見ても明白な事実のみに基づいてなんらかの結論が論理的に得られるような状況は考えにくいのではないか。かといって何でもよいとか何も判断をせずにしらけていればよい、ということでもない。場合によっては他とは対立をする、普遍的ではない個人の価値観や依拠する経験を元にした判断が必要である。この判断をするところに個人の責任もあるわけで、この点望月さんと僕も、またおそらく内田さんも同じ認識に立っていると思います。ただ、その信念や経験、価値観といったものについては多様なものがあり得て、互いに模索をする中で次第に歴史の中でそれらの解決が図られていくのではないか。この過程を責任を持って引き受けることがたいせつなのでしょう。
こういった判断や責任を引き受けることを否定するものだとすれば、その意味でポストモダンは克服されるべきでしょう。
構造主義科学論については、上記のような人間存在による、責任を持って判断しての歴史の中での行動が誤りを含みうることについて否定的な、むしろポストモダンに近い立ち位置を感じるのです。こうした構造主義科学論と内田さんが異なるとするならば、それは当然なのかもしれません。
【2009/05/16 11:43】 URL | わにぞう #6fwIY24o [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/363-585e777e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。