わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

派遣切りの違法性についての判断基準
派遣切りは当然という向きも多いが、少し前のエントリーで述べたように、野放図な派遣依存と派遣切りのセットは日本の企業社会の力を根本から腐らせるものだ。何とかしないと10年後の日本には本当に希望がない。若者をこき使い、育てず、放置するような企業社会には未来はないと僕は思う。だから、違法か合法か、ということをさておいても、ここで安易に首を切らない質を企業がもてるような政治のイニシアチブを求めたい、というのが僕の基本的意見だ。
とはいえ、実際には派遣切りについてネットで見る意見はいろいろで、「でも企業の行為ってどこも違法じゃないジャン」という「冷静」なものも多い。そういう「冷静な(冷静は時には美徳だけれど、こういう「政治的に正しい」的な対応って、問題の深さをまったく視野に入れていない点で、社会的なセンスとしてどうかと思うのだけれど)」人たちから見ると、「派遣先は当然のことをしただけなのに、ごろつき派遣労働者どもが筋違いの企業吊るし上げをマスコミと一緒にやっている」的な見え方をしていて、相当目に余る対象に見えているようなのである。実際、派遣先を追及する論理としてはその行為の違法性を追求しているということが報道されるものだから、派遣切りが違法でないということを当然のことと思っている論者からすると、その目に余る度が非常に大きいものになるし、マスコミはいよいよ持って馬鹿に見えてくるし、より強い確信を持って派遣労働者の要求を嫌悪する、という結果になっていることが見て取れる。

本当のところはどうなのだろう。
派遣は確かに正社員と違って雇用の継続を打ち切りやすい立場であるからこそ企業が重宝するわけで、今回も企業の狭い意味での競争力だけを考えるんであれば、派遣切りこそ正義だし、まさにそういう目的の制度だといってしまえる。事実そういってしまう人も多いのだが、実際の法律はいろいろな事情から決まるわけで、そんな単純じゃないはずだ。現在行われている派遣切りについて、どういう論理で違法性を派遣切りの被害者は立てて闘おうとしているのか。これを見ておきたいと思う。
派遣切り当然。と傲然と言い放つのもかっこいいのだけれども、派遣切りに抵抗する人びとの論理ももう少し丁寧に見てあげたほうがよいのではないかと思うのだ。

ぼくもこういう問題の専門家ではないから、ウェブからの引用を見るくらいしかできない。実際、なかなか「これだ」というものには出会えない。抽象的に派遣はいつ切られてもしょうがないはずだ、というような論だったり、あるいはまた抽象的に、企業はけしからんと怒るものであったり。どうも満足できる論理を見出すことができない。
ひとつだけ派遣切りを批判する側からの論理としてまとまったものがあったのは、全労連の関係のブログ(全労連雇用対策本部「派遣切り―即日解雇、雇用契約期間中の解雇は違法です」)であった。そこには法律の条文が引用されていて、次のような記述があった。

会社の都合で解雇する場合は会社は30日前に解雇通告をおこなうか、解雇予告手当(平均賃金の30日以上)を支払わなければなりません。
会社が経営難で整理解雇(リストラ)する場合も、「整理解雇の4要件」(※下記参照)をすべてを満たさなければ、その解雇は無効です。
これは正社員だけでなく派遣やアルバイト、パートなど働いている人なら誰でもあてはまるルールです。

そもそも期間の定めのある雇用契約の場合、原則的に期間を終える前に解雇することはできません。

派遣で働く人を派遣先会社が契約期間を終える前に解雇する場合も、法律は「明日から来なくていい」なんてことは認めていません。
「相当の猶予」を設けることや、関連会社への就職斡旋など誠実に対応しなければいけません。

これらは法律が定めていることです。


ここから読み取れるのは、雇用解除する際の手続きを踏まなかった場合、また、期間を決めた雇用契約については簡単には解除できないということがやはり法的に規定されており、そういったルールを守らなかった場合について、違法性を主張しようという姿勢である。中にはグレーな部分もあるかもしれないが、法的な論理をつくそうという意図は十分感じられるのではないか。明日の住むところすら危うい状況にある人々の取り組みとしては、いろいろな手段を使って、饅頭をすら武器に変えて闘うのが当然だろうから、こういう主張には耳を傾けてあげてほしいと僕は思う。

中途解約のような派遣切りについては、やむをえないものとする次のような記事も見る(ツカサネット新聞「『派遣切り』に思う」)。

企業にとっての雇用調整は、法的に違反がない以上は基本的に企業の権利である。派遣契約満了後再契約しないのも企業の権利であり、前倒しでの契約終了であっても、(派遣労働)契約書に明記されている条件(通常は途中解雇の場合は、○カ月以前とか、何らかのペナルティーが付く)を満たせば、その権利の行使は企業の判断によるものである。企業にとっての雇用調整は、企業の競争力維持、利益の拡大のために、つまり生き残りのために必要な手段であり、これを否定すると企業の存続は保証されない。利益追求を基本とする資本主義社会での企業の存続が不可能となってしまう。


これは、法的に問題がなければ雇用調整は企業の権利である「ので」、雇用確保を求める世論は理不尽だ、という主張である。いくつか批判しておきたい。法的に問題がないかどうか、ここがまず争いのあるところであって、法的に問題がないことを前提に議論を進めるのはおかしい。もし雇用調整の批判者が法的な問題を一切指摘していないのであるならばこの議論は批判は成り立つかもしれないが、そうではない以上、実は批判になっていない。
また、後半の主張―「雇用調整を否定すると企業の存続が不可能となる」―は企業サイドの本音なのかもしれないけれど、かなりのピントずれだ。実は上記の法的な議論にもあるように、企業の存続が不可能となるような、まったくやむをえない事情がある場合には雇用調整が必要となる場合も遺憾ながらありうる、という法体系になっているわけだし、雇用確保を叫ぶ側もそれを前提に言っているわけである。その前段で「企業の競争力維持」=「利益の拡大」=「生き残り」をすべて一緒くたに等号で結んだ「論理」になっているが、これは本当は成り立たない。なぜこの論者の中で等号が成り立ってしまったかというと、企業の競争力を少しでもそぐようなことをすると、もはやグローバルな競争の中では「生き残る」ことができなくなり、企業は即つぶれる。という強迫観念の下にあるからだ。まぁその論理に乗って議論をすることもできるかもしれないが、僕はそんなグローバル競争の奴隷のような生活はごめんだ。
ただ、その後に続く

では、派遣切り問題はだれの責任か?企業か?労働者の自己責任か?いや、違う。これは正に「政治問題」なのである。


という指摘は、僕も同感だし、かなり当たっていると思う。だが、その後ろには、「企業のやり方はまったくやむを得ず、法的にも何の問題もないものだ」、という主張が張り付いている。本当に企業のやりかたに問題がないのかどうか。政治問題の指摘を、企業の問題性について思考を放棄する隠れ蓑にしてはならない。企業の行動の合法性を基準に問題を分析することは、だからとても重要だ。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

たまに覗いてみるとエッチなコメントが入ってますね
ということで、少し下ネタなコメントでも入れてみますかな

関西地方に何年か前から節分に巻き寿司をマルかぶりする?
なんて風習がありますが、育ちのいい私としてはあまり関心しない
下品な風習だななんて思ってた訳です
おまけに花街の風習を一般に広めてという噂を聞いたのも
気にかかってた訳で
花町?太巻き?マルかぶり?
その謎が最近解けました
某局の番組で寿司のマルかぶりは
二月に売り上げが低迷する大阪のすし屋さんが
花柳界の助言により
節分にだんなさんの○○○に見立てた太巻きをまるかぶりすることで
一年の商売繁盛を願う、という風習を取り入れたそうです
そのまま?少しアレンジして取り入れんかい

最近、中川くんが、酒やめますか?大臣やめますか?
大臣辞めたらしいですが

わにぞうさんもお酒の飲みすぎには注意してくださいね

アル中の私は、お酒やめますか?男やめますか?
男やめてニューハーフになります
きんのすけでした
【2009/02/21 01:06】 URL | きんのすけ #- [ 編集]

へぇぇ
あ、そうなんですか。○○○については、特にヒンドゥーの寺院なんかに行くとよく信仰の対象になっていて、それをあしらったご神体があちらこちらにあってみんながお参りしています。ある鍾乳洞では、地面からつきだした鍾乳石がちょうど良い形をしていて、お祀りされていました。確かに神秘なものだしね。しかし、丸かぶりの意味がそれだとすると、ちょっと噛みにくいなぁ。
【2009/02/23 07:50】 URL | わにぞう #y7OAh7xc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/353-1a797c2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。