わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚線事故の原因についての考察
朝日新聞の記事によると、県警捜査本部は、列車の異常が直線部分からすでに始まっていたという判断を行っている。事故直後の阿修羅の記事では、伊丹駅におけるオーバーランと関連してブレーキの不良を疑う意見が見られる。気にはなっていたのだが。

今朝の朝日新聞の記事によれば、

捜査本部が乗客から当時の状況を聞いたところ、複数の乗客が、カーブに差しかかる手前の直線部分で車両が横にがたがたと揺れていたなどと証言。先頭車両の乗客は「揺れの後、車体がゆっくりと傾いていった」と話した。

このため、捜査本部は、カーブに入る前の直線部分で、すでに車体が揺れる現象が起きていたと判断した。

松下正俊車掌(42)は関係者に「直線をトップスピード(時速約120キロ)で走っている感覚だったが、いつもならブレーキがかかる名神高速道路の高架橋を過ぎても減速しないのでおかしいと思った」と説明。その後について、「急にがたがたと来て、気づいたら脱線していた」と話しているとされる。

直線部分での異常な横揺れは車体の機能に異常があったことを示していないか? 通常のブレーキが何らかの理由で不安定であったとしたら、運転士の行動は合理的に理解できるのではないか? 名神高速道路の高架橋とは曲線部分の入り口である。車掌によるいつもならブレーキがかかる名神高速道路の高架橋を過ぎても減速しなかったという証言は、結局ブレーキは一度も正しく動作しなかったということを意味していないだろうか? 実はブレーキが正しく動作しなかったためにいきなり非常ブレーキが使われたのではないのか。

事件発生直後の阿修羅における木田貴常氏による指摘

もし、伊丹駅でのオーバーランと脱線が、共通した原因だとすると、それは、ブレーキ異常。

責任を運転手に負わせる情報操作に要注意!!

がにわかに浮かび上がってくる。この疑惑についてはこれまでほとんど触れられることがなく、積極的に否定されることもなかった。

この事件における初期の情報の出所は、結局JR西日本当局からのものであったことは、置石説に振り回された経過から見ても明らかである。脱線は130km/h。置石があった。運転士は過去にも処分を受けていた(変な)人物。伊丹でのオーバーランは(たった)8mだった。という情報は流しつつ、車掌も指摘した車体の揺れについては当初発表せず。これらの情報のバイアスが気になる。

車掌もつらい立場にあるようだ。現状では、車掌と指令所とのやり取りについても、JR側の発表に基づいて窺い知るしかない。真相にはかなりけしからん部分が含まれているのではないか、という不安を色濃くした。

追記:(05/05/02 20:47)
現在のところブレーキ故障の証拠はない。事故調査委員会による詳細な調査を待つばかりである。ブレーキは少なくともカーブに入る直前に一度はかかっていたことは確認された。しかしいかにも遅すぎるブレーキである。運転士の心理の問題がやはり大きいのかもしれない。しかし、「直線部分の揺れ」についての納得のいく説明はまだついていない。

追記:(05/05/07 14:10)
当該列車は、始発の宝塚駅に列車を入線させる際にもオーバーランをしていた(始発駅もオーバーラン 運転士に焦り? JR脱線事故/asahi.com)。県警は車両の不具合の可能性も捨てきれないとしているとのこと。
また、空気バネがらみの調査結果も注目に値する(<尼崎脱線事故>空気バネ、異常振幅 脱線を誘発の可能性/毎日)。この車両はよく乗っているので、問題の早期解明を切に望みたい。

追記:(05/05/08 12:15)
引き続きブレーキの効きに関わる記事。東京新聞よりこちらに外野さんによる阿修羅へのコピペ投稿)。

尼崎JR脱線事故で、快速電車が現場手前の伊丹駅でオーバーランした際にも、非常ブレーキが作動していたことが七日、分かった。事故直前の走行速度と同じく五両目のモニター制御装置に記録されていた。停車の際、車掌(42)は「(常用)ブレーキの利きが遅いと感じた」といい、兵庫県警尼崎東署捜査本部は、高見隆二郎運転士(23)=死亡=の操作が遅れたとの見方を強める一方、ブレーキ系統などに何らかのトラブルが生じていた可能性もあるとして、慎重に調べている。




追記:(05/05/09 12:10)
この阿修羅への外野さんの投稿もかなり重要な情報をまとめてくれている。また、読売によるこの記事には、カーブ突入直前の運転状況の解析結果が詳細に示されている。
より最近の記事もある。
非常ブレーキの時点での速度はどれくらいだったのか、そのとき加速中だったのか、
非常ブレーキ以前に常用ブレーキを用いたのかどうか、といった基本的な問題についてもまだ記事によって少しずつ言い方が異なる。もう少し確定的なことがわかってくれば、事故原因に迫れるようになるだろう。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/28-c28e93ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。