わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改憲問題 / 愛敬浩二(ちくま新書)
改憲問題に関する護憲の立場からの新鮮な論考。今日的な憲法問題に関する諸論点に対する紋切り型ではない、それらにかみ合った「言葉」を紡ぐことに本気を感じさせる。わにぞう自身憲法についてはいろいろ言葉を紡ぐことに気を砕いてきたが、この問題意識と愛敬氏のそれとがたいへんよくかみ合っていて、うれしかった。
内田樹は、「9条どうでしょう?」でこう語っている。
本書[「9条どうでしょう?」のこと]の書き手であるための第二の条件は、「思想の力」よりもむしろ「言葉の力」を信じていることである。
<略>
‥‥独創は思考ではなく言語に宿るというのは私の経験的確信である。
獄舎の扉が外からしか開かないように、私たちを「臆断の檻」から解き放つ言葉は、檻の外からしか到来しない。
<略>
では、獄舎に閉じこめられた人はどうやって檻から抜け出すのか。‥‥
必要なのは「鉄格子の隙間を抜けることのできるもの」である。
たくみな「言葉使い」は、彼の本体を閉じこめている檻の鉄格子の外に言葉だけを逃すことができる。そして、外に出た言葉だけが扉を外から開けることができるのである。
<略>
私たちがいま直面している出口の見えにくい思想的状況の檻から逃れ出るために必要なのは、政治史や外交史についての博識でもなく、「政治的に正しいこと」を述べ続ける綱領的一貫性でもなく、世界平和への誠実な祈念でも、憂国の至情でもない。この硬直したスキームの鉄格子の向こうに抜けられるような流動的な言葉である。

愛敬氏は強固な護憲派であるが、人を閉じこめている「臆断の檻」の鍵にアクセスするためにはどうすればよいかについて、考え抜くことの大切さを知っている人だと見た。
世代的にも自分とかなり近い。愛敬氏とわにぞうの世代は、米ソ冷戦期においてソ連派が明らかに米国派と同じ穴の狢にすぎないことが誰の目にも明らかになるころに青春期を迎え、ソ連の崩壊を目の当たりにした世代である。もとより「保守と革新」とか「資本主義と社会主義」、あるいは「庶民と金持ち」などといった固定的な対立の片方に身を置きさえすればすむというような世界観は持ち得ない。混沌とした世の中を実感し、明確な論理にもとづく論破によって人が変わるなどという幻想をハナから信じていない世代だ。それだけにわにぞうは、内田樹の上記の指摘が痛いくらいのよく分かる。愛敬氏もどこかで共有するものがあるのではないかと感じられてならない。
この本の内容は、憲法をめぐる論争に対する歴史的な射程も長く、カバーする領域も十分広い。憲法の平和主義という理念の根拠を語ろうと思えば、本来これくらいの議論が必要なのだが、しばしば「平和はいいこと」ですませてしまったり、最近の日本の戦争の悲惨に問題を狭めてしまったりすることから、護憲派の論陣は線の細いものになる。これを一気に広げ、議論を鍛える上で役に立つ。
「9条どうでしょう?」とはもちろんスタンスがまったく異なっているが、護憲派の議論を豊かにする大変重要な本である。必読。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/231-62545fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。