わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口二郎氏の評価を巡って
山口二郎氏は政治学者として「政治改革」の旗を振ってきた。「政治改革」の中身は、小選挙区制を中心とする選挙制度と、政権政策を競うマニフェスト選挙、地方分権の推進などである。
「政治改革」の中身と歴史を最も体現しているのは「21世紀臨調」だろう。政治の現状に怒る民衆の団体と言うことになっているが、よく見てみれば、財界の強い肝いりとバックアップで成り立っている組織であることがわかる。山口氏の主張はほぼこの流れと重なり合う。
ところが彼の発言や著書のそこここには、現体制への強い不満と、変革への渇望が語られる。それだからこそ彼は「政治改革」なのだ。
彼は選挙制度改革の流れの中で、小選挙区比例代表並立制への流れを結果的にサポートすることになる。政治の現状に強い怒りを持つが故に、その現状を招いた政治構造。特に中選挙区制に対する批判の急先鋒となった。きわめて矛盾に満ちた存在であり、魅力的である。
彼の本「戦後政治の崩壊」を一読してみて、共感できる部分と違和感を持つ部分の間の振れの大きさを改めて実感する。この「振れ」の正体をぜひとも統一的に理解したいと思っている。
ともかくしばらくこの学者に注目してみたい。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/181-80a7e033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。