わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法をめぐる対話
TVタックルを見た。これだけ政治家や評論家をあつめてこぞって「憲法9条は変えるのが当然」としたり顔で議論されてしまうと、まぁ結局憲法は変えるしかしょうがないか、と思う人たちも増えるだろう。というわけで、今憲法9条を変えるべきだというひとたちの心はどの辺にあるのか。いくつか考えてみてみる。
例によって自分の内部での意見対立をそのまま出す形で。他からの引用はまたもやほとんどない(汗)。まずは自分の考えを確立してから、それを肉付けする方がやりやすいので……

一番ありそうな意見として、

憲法を変える理屈は政治家や評論家たちがいろいろ言っているけど、それはわかるようなわからないような感じだ。だけれど、既に自衛隊があって米軍もいて、それでようやく何とかなっている。今9条を守るといって自衛隊も米軍も否定しちゃうのはひどく不安だ。
憲法9条を守るなんていう人たちはどうして、そんな非現実的なことを言えるんだろう。実は何も考えてないんじゃないの??


というような人は多いと思う。こういう不安は実は僕も共有しているのだ。なにしろ一極パワーを誇る米軍の基地を置いていて、世界有数の装備を持つ自衛隊まで日本にはいるのだ。中国だけでない周りの国々が脅威にも感じながら軍拡を進めているのも事実だ。自分がいるから相手がいる。自他の関係はしたがって軍事力均衡から自由だと言いきれる状態にはない。だから僕は、この疑問に対して、「いや大丈夫だ」「いや大丈夫じゃない」という膠着した問答をしても仕方がないと思う。やはり軍事力均衡の論理にも踏み込みながら現実的な議論をする必要があるはずだ。鍵は、現在の改憲派のねらいは、海外のどこででも戦争ができる自衛隊にすることにあることを示すことと、9条擁護の当面の目的は決して米軍基地と自衛隊の全廃にあるわけではないことをわかってもらうことだろう。9条の全面実施を安易に前面に出すのは危険である。

こういうような「軽いのりの」改憲論はけっこう多いと思うけれど、これまであまりまじめに考えてこなかった。しかし、気分に素直にしたがっているので意外と強固かもしれない。いつも料理のレシピやらペットのかわいい写真などで楽しくやっているサイトが、ある日ふっともらす改憲論(偏見が混じっていそうですね。すみません)。こういうものについても一度しっかり考えてみたい。

さて、テレビの評論家たちのメッセージにまじめに影響を受けながら、憲法9条を変えるべきだとしている論者も多いだろう。

自衛隊はすでに巨大な軍隊としての実質を持つに至っている(好むと好まざるとに関わらず)。これ自体憲法に反する実態であってはなはだ遺憾ではあるのだが、その実態と憲法の乖離がこれ以上進むのは危険である。既成事実を積み重ねて歯止めの効かないまま戦争になだれ込んでいった戦前の歴史を繰り返してはいけない。必要な歯止めとともに、実態をきちんと憲法に書き込むことによってはじめて歯止めになるのだ。


これも一つの見識ではあり、民主主義者だからこその優れたセンスを発揮している面もある。それだけに反論はもっとも大変かもしれない。大切なことはここでもリアリズムだろう。あなた方のその形式主義的な民主主義はしかし、実質的には何をもたらすだろうか。9条改悪が単に現実を追認するだけにとどまらない効果を持つ(よりはっきり言えば、自衛隊が堂々と海外で戦争するようになる)ことを期待する人々も無視できない力を持っているが、これを重視するのかどうか、こう聞いてみたい。それでもよい、憲法と法律にきっちり書き込むことは可能だし、それによって現実の危険を完全にコントロールできる。保証するよ、と言われてしまえばもう仕方がないのかもしれない。歴史が審判を下すまでいっしょに見守るしかない。法律論とかの進んだ内容を駆使した議論が必要だろうから、僕の手には余るのかもしれない。

最近よく見られるのは、民族主権的な立場からの9条改憲論である。

憲法9条は日本の弱体化を望んだ米国の策謀によって押しつけられたものだ。日本は軍隊を持つこともできず、自立できない情けない国になってしまった。米軍に守ってもらい、米国にものも言えない。今度こそ自衛隊を軍隊に格上げし、誇りを取り戻そう。


的なものだ。平和派はしばしば民族の誇り、といった論者を相手にせずに軽蔑して笑い飛ばす傾向がある。これは僕は間違っていると思う。我々は日本という国の民主主義的な仕組みを通じて行動するが、ナショナリズムというものは、こういう仕組みを通じて行動を決める主体を大切にすることにつながるのだ。笑い飛ばすのではなくて、ともに日本が本当に誇りを持って国際社会で生きて行くにはどうすればよいのか。日本の戦後に失われた民族の誇りは本当はどの点にあるのか。僕はこれを一緒に考えてみたいと思うのだ。
日本に民族主義的な主張が目に見えて復活している。この姿はその未熟さ、幼稚さゆえの危険性と同時に、場合によっては日本の国のありようの本質的問題点に突き当たる可能性も持っていると思う。現在勃興しつつある民族主義的な流れの出所の一つには、間違いなく米国の覇権主義とグローバリズムへの反発がある。だから、例えばイラクで民衆の誇りを踏みにじっている力との闘いに連帯するポテンシャルすら秘めていると思うのだ。イラク戦争という状況下で「大東亜共栄圏」という虚像が何故こうまで熱狂的に迎えられたのか、考えてみるべきだ。

ひとついつも気になってことをついでに。憲法9条というと「世界の宝」というフレーズがしばしばくっついてくることになっている。「平和的生存権」という新しい国際的な人権概念にもつながるという。護憲派の中では受けがよいのだろう。それはまぁわからんでもない。だがどうだろう。現実に問題となるさまざまな国民的討論の局面で果たしてこのフレーズはいかなる力を持ちうるだろうか? 僕はとてもとても懐疑的である。
日本の即時武装解除や、憲法と現実の乖離を心配する人々に伝えるべきなのは日本の現実状況に対する憲法9条の具体的な意味である。「平和的生存権」などという究極的な理念の選択を迫るやり方は、現実から問題を遠ざけ、わかりにくくするだけである。
そして日本という民族の有り様を憂える人たちとの関係では、結局のところ世界中に平和憲法の理念を広げる、というベクトルの話ではなく、何故日本だけがこういう理念を掲げて世界と違う立場をとるのか、に議論の中心が来るはずである。9条というものを介したナショナリズムがそこに成立する。そうでなければ、こういった潮流の(本来大国の覇権主義に対して闘うポテンシャルを持っているはずの)人たちとの有益な対話は成立し得ないであろう。

とはいえ、9条の価値を強く押し出す骨太の議論は、BGMのように常に行われていかなければ、改憲の流れには飲み込まれてしまうと思う。これは大切な議論であって、決して全面的に納得させる必要はないが、少なくとも根本的なところで、護憲派への信頼と尊重の念をもってもらえるようなものでなければならない。だがその際にもやはり、9条は国際的普遍的な理念に拡散させたいとは自分は思わない。そう考えたい人がそう考えるのを否定する気もないが、自分はそういう思考はしないつもりだ。日本という変わった国家の、その歴史性に根ざした、ローカルな選択であるからこそ意味があり価値があるし、強いのではないだろうか。国際論・普遍論だけでは狭いと思う。あえてローカルな論陣を張るような流れも、おおいに必要だろう。

[追記2005/09/26]:ペガサス・ブログ版「九条・メディアウオッチ委員会の提案」というページからTBを頂きました。サーバートラブルか何かで消えてしまいましたが、せっかくですので備忘として、リンクを張らせて頂きます。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/171-09e42e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。