わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最も身近にあった「改革」を選んだ国民
予想を遙かに上回る自民党の勝利である。この結果は国民の中にある改革への指向(フラストレーション)がいかに大きいかを改めて示した。有権者はすぐ手の届くところにあった「改革」に票を投じた。「ファシズムだ」とか「小泉独裁政権成立か」などと少しあわててしまったが、少し考えてみるとそこまではいえない要因はある。
・・・なにはさておき
今回の選挙で国民が選んだのは、以前のエントリーで述べたように、「竹中流・あしたの経済学型の改革」であり、「小泉流・八つ当たり型改革」であった。これを国民の側から表現すると、「なぜ「改革」を選ぶかだって? そこにあったからだよ」ということでしょうか。だからこれを「山男流・そこにあったから改革」とでも名付けましょうかね。

まず、小選挙区制という制度の弊害もあり、世論の偏りを実体以上に反映している可能性はある。もう少し慎重に票数を検討しなければならないだろう。郵政刺客報道にばかり熱中したマスコミの影響もあるかもしれない。公明党の選挙マシーンがなかったらどうなっていたか考えてみると、この自民党の優位も意外と脆弱にも見えてくる。
それにしても、民主党が自民党に対抗する政策の軸を示せなかったことは本質的だろう。自民党と同じ政策的枠組みの中で「改革」を競うことになると、政権を握っているものが強いオプションを示せるということだ。政権党には改革はできない。というが、自分の政権維持に本気であればあるほど、打開の道を見いだすものである。
対抗する本質的で国民のためになる alternative を示すきっかけになればと思う。今回世論が示したように、手の届くところにわかりやすい改革を提示すれば、支持が広がる可能性がある。
選挙報道で田中知事や志位氏が述べているように、郵政民営化についても自民党に丸投げするのではなく、その中身を国民は引き続き監視していく必要がある。

あ。佐々木憲章氏が通った。HP時々見てますよー。また質問してくださいね!
あ。西村慎吾氏が小選挙区落選。うーむ。民主党議員の落選が嬉しいなんて!

それにしても今日はとてもブルーな日になった。中日も敗北し、こっちも相当厳しくなってしまった。レベルが違う話だけどね。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wa2zoo.blog8.fc2.com/tb.php/159-49374db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ