FC2ブログ
わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
12 | 2014/01 | 02
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

名護の市長選挙
仲井真知事は辺野古の埋め立て許可を表明したが、権限の一部は引き続き名護市が握っていることを県も認めた

沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設に伴う埋め立てや建設後の使用実施にあたって、護岸工事など複数の事業は、名護市の許可や合意なしには進まないことを沖縄県が8日、認めました。日本共産党の嘉陽宗儀(かようそうぎ)県議団長や本紙の質問に、県土木建築部海岸防災課が回答しました。



仲井真知事はこのことを織り込んで、国に「支援」と普天間の明け渡しを約束させたのではないか、というと少々冗談が過ぎるかもしれない。でも、名護市長選挙で移設反対派が踏みとどまれば、辺野古の埋め立てを遅らせることができる。そして残るのは国の沖縄県に対する約束だ。
こういう流れを実現する可能性は十二分にある名護市長選挙だ。
沖縄の空気は全然変わっていない。あきらめてはいられない。


スポンサーサイト



宇都宮さんと細川さん
東京都知事選挙が近づいている。
安倍内閣の暴走政治を食い止めることはとても重要であり、その点で自公候補を敗北に追いやる意義は大きい。
その意味では、宇都宮さん、細川さんに期待するところが大きい。

僕自身は細川さんにはあまりいい思い出がない。特に、金権腐敗は温存したまま政党助成と小選挙区制という偽の政治改革を先導し、その後の改革狂想曲の起点となった政治家である。だから、どの程度その反原発を主とした政治姿勢が本物なのかもう少し見届ける必要があると感じている。
宇都宮さんに退陣を進める向きもあるようだが、宇都宮さんは信頼できる政策を掲げている。この点で、細川氏にはない徹底した民主的世論を広げる力のある候補である。安易に退陣を求めるべきではない。
僕は当面は現政権への批判的な票を掘り起こす二つの論陣を張って正々堂々と勝負してもらいたいと考える。
そしてもし細川氏の立場に見るべきものがあるのなら、世論調査等の状況を見て、また、明確な条件を示すことも含めて、宇都宮さんも細川さんも、候補の統一等の方向性を検討するべきだろう。


プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ