わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
09 | 2006/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最悪の事態に備えるのが政治家の役割」か?
安全保障の問題について、考え得る最悪の事態を想定して対応する必要があるという議論がある。具体的にいえば、核兵器を積んだテポドンがとんで来るという前提で考える。北朝鮮の工作員が日本中の海岸から上陸してきてテロ攻撃を加えるという前提で考える。ということだ。それらの「万が一」に備えて責任を持って議論をすることが、国民の安全のために全力を尽くしていることだ、という思いこみが政治家たちにはあるようだ。
これは勘違いである。政治はあらゆる可能性に応じた対応が必要だ。最悪を前提にしてはいけない。軍事偏重対応が国際社会で持つエスカレーションのメカニズムを忘れるわけにはいかない。
[READ MORE...]
スポンサーサイト
核武装論議と「タブー」と言論の自由
政府の要人から北朝鮮の核武装に対抗して日本の核武装を議論する動きがある。これは、北朝鮮が核武装をすることを非難する足場を失うことでもある。まったく不適切な言動だと思う。いまテレビで石破氏が言っていたような、「日本が持つなら、世界中が持つようになる。そんな世界がいいのか」「持つなら日本はNPTから脱退しなければならない。核燃料も入ってこなくなる」といった当然の指摘にもまともにこたえらない核武装論だからだ。
これに対して、「核武装論議をタブーにするな」「核武装論議をすることは言論の自由だ」という「反論」がある。これもまったく成り立たない。これは言論の自由の問題ではない。
[READ MORE...]
北朝鮮の核実験
核兵器を保有して力を見せ付ければ国際社会は自分の言うことを聞くだろう。金正日の思惑はこんなところか。力こそ正義という論理を否定するところに戦後国際社会の進歩がある。民族の独立を底で支え、米国の覇権主義に抗う基盤はここにある。その同じ基盤において、金正日の思惑は国際的に孤立するだろう。また、本当に徹底的に孤立させなければならない。そのために何が必要か。事態を受けて、反射神経で書き込んでおきたい。
[READ MORE...]


プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。