わにぞう日記
日常のなかでいろいろと見たり考えたりします。でも、多くは忘却してしまいます。何かの時に思い出せるように。交流の中で意見が深められたり変わったりするのもおもしろいですね。
10 | 2005/11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらず多忙ですいません
ご無沙汰しております。一応ちゃんと生きております。
が、あいかわらずお仕事多忙でなかなか身動きがとれません。折を見て記事を書こうと思っておりますがなかなか。特にトラックバックを頂いていながらお返しできていないものが多いので、そこにお返しを打つことからとは思っております。気長にお待ち頂ければ幸いです。
スポンサーサイト
テロと国際政治の公理と
インドでのテロにつづき、ヨルダンでのテロが起こった。パリでは若者による暴動がひろがっている。こういう場合には「いかなる理由があれ、テロ・暴力は許されない」という議論がなされる。多くの場合その結論には僕も同意であるし、政治的に最も安全な発言であることは間違いないであろう。だが、あえて言えば、暴力もテロも本来、その背景と現実社会におけるその役割とを個々に分析せずに、原理的に否定することはできない。その意味で、原理的なテロ・暴力否定論に納得できない人も多いのではないだろうか。
[READ MORE...]
戦後教育のせいで子供はおかしくなったのか?
「教育と国家」高橋哲哉著・講談社現代新書
この本は実にいろいろな点で触発を受けるものであった。それは強い共感から、強い反発までを含み、とてもすぐに全面的な評価をかけるような気がしない。だから、少しずつ感じたところを書き留めていきたいと思う。
まず、近年の「少年犯罪の凶悪化」という「常識」について、それを覆す有力な反論を行っている部分について。確かに本日発表された犯罪白書もそれを裏付けている。この部分に対する共感の意見を述べておきたい。

[READ MORE...]
現在やや多忙中でございます
現在お仕事の方がやや多忙で、更新が少なくなっています。ものをよく考えてきちんとした記事を書く時間がとれない状況です。靖国問題などを中心にいくつか興味深いトラックバックもいただいていますので、また時間ができたら書き込みます。少しお待ちくださいませ。


プロフィール

わにぞう

  • Author:わにぞう
  • 理系研究者です
    自転車で遠くに行くのが好きです
    ↑は、日本最南端の碑

最近の記事

TBポリシー

このブログは、言及をした場合にトラックバックを送るという原則を堅持します。ただし、このブログに対する非言及トラックバックは許容します。理由はこちら

ブログ内検索

バナーエリア




「キャプテン」イガラシ全国大会版アニメ化を
応援しています
「キャプテン」近藤版も期待しています

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。